CLOSE UP コラム | テキストマイニングでクレームの要因を特定し顧客満足を向上させた、ビッグデータ活用事例~大手オフィス用品メーカーF社様(後編) 

テキストマイニングでクレームの要因を特定し顧客満足を向上させた、ビッグデータ活用事例~大手オフィス用品メーカーF社様(後編) 

CLOSE UP 事例

2016年03月07日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

精度9割の単語ベースのマイニングで、データをルール化

テキストマイニングでクレームの要因を特定し顧客満足を向上させた、大手オフィス用品メーカーF社様のビッグデータ活用事例をご紹介します。

F社様の顧客サポート部門(お客様窓口)では、電話や手紙、メールなど複数経路から届くエンドユーザーの声をデータベース化して分析しましたが、対応に長時間を費やしており、顧客満足を図ることができない状態でした。クレーム内容によって対応する部門が異なるにもかかわらず、担当部署へのワークフローが機能していなかったのです。

クレーム対応時間を短縮させたいという依頼を受けたKSKでは、クロス集計やクラスター分析を用いながら、「入力したテキストで自動的に振り分ける」システムを構築し、クレームの内容をテキストマイニングしていきました。

テキストマイニングには、単語ベースで行う方法と文脈ベースで行う方法の2種類があります。

文脈ベースで行う手法は全体像を把握することが容易ですが、分析精度は70%程度に落ちます。一方、単語ベースでは、80~90%の精度を保つことができます。

現在、F社様では単語をベースに日々、ルール化の改善を行いながら運用しています。

ビッグデータ活用で、クレーム処理スピードが40%向上

この仕組みづくりによって、クレーム内容別の担当部署への分岐が容易になっただけでなく、製品の不具合のパターンも分類できるようになりました。

ある程度データが溜まった時点で、クレームの内容にも一定の傾向が見えてきます。たとえば「製品Aは7~9月、気温35℃以上でインク漏れが多発している」という不具合のパターンが散見されている場合は、このデータに成形加工をすることで、以降は自動的にパターンが抽出されるようになります。

エンドユーザーからの声をカテゴリ化、要約化できるようになり、さらに該当部署への伝達がスムーズになったことで、F社様のクレーム対応の処理スピードは40%アップしました。

さらに製品の不具合パターンが明確になったことで、事前の対策も打てるようになり、全体的の顧客満足度が向上したのです。

システムにクレーム情報を入力して傾向の把握をしたいという場合、このようなテキストマイニングの手法が取られます。

分析システムを用いて統計的に解析することで、より多くのパターンを浮かび上がらせることができるようになります。「どういう製品にクレームが偏っているのか」、「どのような不具合が頻出しているのか」という目先の問題だけでなく、顧客の生の声から企業としての新たな課題を抽出し、それを経営判断の指針にすることも可能なのです。

【ケーススタディまとめ】
―要望・苦情をカテゴリ(製品/出荷/営業の問題etc)に分類できた。
―製品の不具合パターンを把握できた(製品Aは7~9月、気温35℃以上でインク漏れが多発しているetc)
―カテゴリ化、要約化でき、該当部署への伝達がスムーズになり対応箇所・スピードが向上した。


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【AI】AI国内市場予測---「AI導入検討中=17.9%」「年平均20.4%で成長」「米独市場と比べて高い成長率を維持」(2017年05月25日 10:03)

MM総研がAI国内市場予測を発表した。 【ポイント】 日本企業 ・人工知能(AI)をビジネスに導入している=1.8% ・導入検討中=17.9% AIの国内市場規模 ・2016年度=2220億円(前年度比約2倍) AIの国内市場規模成長予測 ・年平均20.4%で成長 ・2021年には5610億円に達する予測 ・米独市場と比べて高い成長率を維持

関連タグ

インメモリデータベース()

  • 用語集

データをストレージではなく、メインメモリ上に格納するよう設計されたデータベース。また、そのようなデータベースを構築・運用できるデータベース管理システム(DBMS)。「メインメモリデータベース(MMDB)」とも言う。

ベイズ理論()

  • 用語集

18世紀のイギリスの数学者であるトーマス・ベイズによって示された条件付き確率に関して成り立つ定理に基づく理論。

ボット(bot)

  • 用語集

「ボット (bot) 」とは、「ロボット」の略称であり、もともと人間がコンピュータを操作して行う処理を自動的に実行するアプリケーションを指す。

電力()

  • タグ

ロボット(Robot)

組み込みシステムの一種。人間と同等、またはそれ以上の作業を自律的に行う装置、もしくは機械。

バックナンバー

関連記事

  • KSKサイド001

facebook

twitter