Tensorflowでなかなかディープラーニング | 第一線で活躍するオープンソースエキスパートが綴るスペシャルコラム。

Tensorflowでなかなかディープラーニング

Creative Applications of Deep Learning with TensorFlow at Kadenze 第3回目の課題

[2016年08月30日 ]

アートとテクノロジーのオンライン学習サイト「Kadenze Academy」のTensorflowでディープラーニングを学ぶコース「Creative Applications of Deep Learning with TensorFlow」第3回目の課題をやり終えました。こちらに提出したnotebookを保存してます。

今回はオートエンコーダと音声データ処理を学ぶ課題でした。まず、お馴染みのセレブ画像を用い、セレブ達の平均顔画像を表示しまして、セレブ画像をミニバッチでノーマライズして、オートエンコーダに掛けると、各セレブ画像と平均顔画像を合わせたような画像になるといった感じの処理を行いました。その後、テーマからそれますが、デコード前エンコード後の2次元のデータをプロットし、そのプロットを理想的なグリッドに最適化して画像を再配置するような感じのこともしました。2D Latent Manifoldという処理で、デコード前エンコード後の中間地点のデータとして、−1から1までの規則的な2Dグリッドを用意して、グラフのその地点からそのグリッドを適用して処理を行うと、人数分のほぼ平均顔画像が生成されることを確認しました。

続いてVariational Autoencoderという用意されていた処理をデフォルトパラメータで実行しました。20時間近く回して処理が終わらなかったので、強制終了しました。パラメータを変えて再度実行する気にはなりませんでした。20時間近い処理での最後に出力された画像がこの2枚です。1枚目Manifoldの方は、マネキンっぽい質感からよりリアルな表情になっているように思います。20時間近くかかっているので。2枚目Reconstructionの方は、最初は真っ暗な画像から、まだ不鮮明ではありますが、元の画像を再構築しています。 manifold reconstruction

続いてこの音声データで、音楽とスピーチを分類する問題で、10エポック以内に正解率97%以上を達成しないといけない条件付き課題でした。試行錯誤した結果、6エポックぐらいから97%を超え始め、Max98%も超え、なかなか上出来でした。これまでの課題の中ではかなり。

著者プロフィール

KSKアナリティクス 松尾

  • ブラジリアン柔術白帯
  • 最近イチオシpackt書籍:Large Scale Machine Learning with Python
  • 次に読みたいmanning書籍:Big Data、Spark GraphX in Action
  • 気になること:2月にプレオーダーしたpackt書籍Big Data Analytics with Spark and Hadoopが、リリース先延ばし先延ばしで半年経っても出版されない。

最新TOPICS

【AI】AI国内市場予測---「AI導入検討中=17.9%」「年平均20.4%で成長」「米独市場と比べて高い成長率を維持」(2017年05月25日 10:03)

MM総研がAI国内市場予測を発表した。 【ポイント】 日本企業 ・人工知能(AI)をビジネスに導入している=1.8% ・導入検討中=17.9% AIの国内市場規模 ・2016年度=2220億円(前年度比約2倍) AIの国内市場規模成長予測 ・年平均20.4%で成長 ・2021年には5610億円に達する予測 ・米独市場と比べて高い成長率を維持

関連タグ

MapReduce(マップリデュース)

  • 用語集

「MapReduce(マップリデュース)」とは、大規模なデータを分散処理するためのプログラミングモデル。 分割されたデータの断片に加工を施し必要な情報を抽出するMap処理と、Mapで抽出した情報を束ねて処理結果を得るReduce処理の2段階に分けてデータ処理を行う。

インメモリデータベース()

  • 用語集

データをストレージではなく、メインメモリ上に格納するよう設計されたデータベース。また、そのようなデータベースを構築・運用できるデータベース管理システム(DBMS)。「メインメモリデータベース(MMDB)」とも言う。

通信()

  • タグ

クリックストリームデータ()

  • 用語集

Web サイトやオンライン・ショップにおける訪問者のアクセス・ログである。Web サイトやオンライン・ショップにアクセスした訪問者が、どのような順番に従ってWebサイト内を移動したのかという一連の履歴がわかる。来訪者はリンクをクリックしてサイト内を移動するため、「クリックの流れ」とも呼ばれる。

関連記事

  • KSKサイド002

facebook

twitter