第一生命保険、契約者のビッグデータ活用事例

Analytics News(アナリティクスニュース)

第一生命保険、契約者のビッグデータ活用事例

TOPICS 2016年1月27日 10:00

第一生命保険、契約者のビッグデータ活用事例

 第一生命保険の渡辺光一郎社長が朝日新聞の取材に応じ、保険契約者約1千万人の健康状態や過去の支払い状況といった膨大なビッグデータを活用した金融サービス「フィンテック」を提供し、保険を引き受ける際の査定や保険商品の開発、販売などに生かす考えを示した。

ビッグデータ活用で、保険料が低額に。

インシュアランス(保険)とテクノロジー(技術)を掛け合わせた「フィンテック」は、保険ならではのビッグデータ活用サービスだ。例えば、社内のビッグデータと社外の医療情報を組み合わせることで、保険の引き受け基準を緩められる可能性があるという。顧客の細かい要望に応じる商品を素早く開発したり、販売現場で商品を効率よく提案したりといったことも視野に入れている。

 すでに傘下のネオファースト生命保険が8月、ビッグデータから喫煙者と非喫煙者の病気発生率などの差を割り出し、非喫煙者の保険料が最大3割安くなる医療保険を発売した。渡辺氏は「技術に裏打ちされた商品開発力が他社との大きな差になる。業界をリードしたい」と語る。

(source)
以上、下記URLからの要約。
http://www.asahi.com/articles/ASJ120BMHJ11UBQU001.html

最新TOPICS

【IoTで空港を快適に】スイスのジュネーブ空港「乗客が行列に並ぶ時間を半減」「業績を前年度の5倍以上にアップ」に成功---BluetoothとWi-Fiセンサーを活用(2016年06月21日 10:03)

スイス国内で2番目に利用者数の多いジュネーブ空港は、 「乗客が行列に並ぶ時間を半減」「業績を前年度の5倍以上にアップ」に成功している。 【改善方法】 ・施設内でBluetoothとWi-Fiセンサーを活用 ・乗客のリアルタイム計測/高度データ分析 ・空港スタッフ数の最適化 ・セキュリティチェックの可視化 ・Wi-Fiセンサーは空港内各所に設置  →行列に並んでいる人数/待ち時間...

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter