決定木・クラスター分析で営業ノウハウを標準化し、営業マンの“成功哲学”を共有したビッグデータ活用事例~大手消費財メーカーG社様

Analytics News(アナリティクスニュース)

決定木・クラスター分析で営業ノウハウを標準化し、営業マンの“成功哲学”を共有したビッグデータ活用事例~大手消費財メーカーG社様

TOPICS 2016年3月21日 10:00

決定木・クラスター分析で営業ノウハウを標準化し、営業マンの“成功哲学”を共有したビッグデータ活用事例~大手消費財メーカーG社様

ビッグデータ活用で、それまで個々の能力によってばらつきがある属人的な営業スキルを標準化し、一律で営業成績の向上を目指すことに成功した大手消費財メーカーG社様の事例紹介。

関連用語・タグ

ビッグデータ(Big Data)

ビッグデータの定義には、量的な側面と質的な側面が存在する。量的な側面としては、一般的なデータベースソフトウェアが把握し、蓄積し、運用し、分析できる能力を超えたサイズのデータを指す。全世界で1年間に発生するデータ量がゼタバイトの域に達している2015年現在は、テラバイトからペタバイトのデータ量に対してビッグデータと呼ぶ。

畳み込みニューラルネットワーク(Convolutional Neural Network)

  • 用語集

文字どおり、畳み込み(コンボリューション)を加えたニューラルネットワークの一種。個々のニューロンが視覚野と対応するような形で配置されており、画像や動画認識に広く使われる。

IoT(モノのインターネット:Internet of Things)

「IoT」とは、従来はコンピュータやサーバなどの情報・通信機器だけに接続されていたインターネットを、世の中に存在する様々な物体(モノ)に接続して自動認識や自動制御、遠隔計測などを行う技術。

クロス集計()

  • 用語集

2~3種類の情報に限定してデータの分析や集計を行なう手法。縦軸と横軸に項目を割り振り、特定の項目の相互関係を明らかにすることができる。

Apache Hadoop(アパッチ ハドゥープ)

  • 用語集

「Apache Hadoop(アパッチ ハドゥープ)」とは、 ビッグデータを複数のマシンに分散して処理できる、オープンソースのプラットフォームである。

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter