決定木・クラスター分析で営業ノウハウを標準化し、営業マンの“成功哲学”を共有したビッグデータ活用事例~大手消費財メーカーG社様

Analytics News(アナリティクスニュース)

決定木・クラスター分析で営業ノウハウを標準化し、営業マンの“成功哲学”を共有したビッグデータ活用事例~大手消費財メーカーG社様

TOPICS 2016年3月21日 10:00

決定木・クラスター分析で営業ノウハウを標準化し、営業マンの“成功哲学”を共有したビッグデータ活用事例~大手消費財メーカーG社様

ビッグデータ活用で、それまで個々の能力によってばらつきがある属人的な営業スキルを標準化し、一律で営業成績の向上を目指すことに成功した大手消費財メーカーG社様の事例紹介。

最新TOPICS

【PICKUP】大阪市、「人工知能(AI)を活用した職員の業務支援」を開始へ---国際結婚や養子縁組などの問い合わせをサポート(2017年02月20日 10:03)

大阪市は、2月16日、 今秋から試験的に「人工知能(AI)を活用した職員の業務支援」を開始すると発表した。 【ポイント】 ・当面、戸籍関連事務が対象 ・市民からの申請や問い合わせに素早く正確に対応できるよう、チェック項目や回答案を示す ・国際結婚や養子縁組に伴う申請などの専門性が高い問い合わせ対応をサポートする (出所:http://www.sankei.com/west/ne...

関連用語・タグ

相関関係()

  • 用語集

一方の値が変化すれば、他方の値も変化するという、2つの値の関連性を指す。

主成分分析(Principal Component Analysis)

  • 用語集

ビッグデータをはじめとした多変量データを統合し新たな総合指標を作り出し、多くの変数にウェイトをつけて少数の合成変数を作る統計手法である。

相関分析(Correlation Analysis)

  • 用語集

2つないし2つ以上の変量の間で、一方の変量が変化すると他方もそれに応じて変化する相関関係を統計的に分析する分析手法である。

MapReduce(マップリデュース)

  • 用語集

「MapReduce(マップリデュース)」とは、大規模なデータを分散処理するためのプログラミングモデル。 分割されたデータの断片に加工を施し必要な情報を抽出するMap処理と、Mapで抽出した情報を束ねて処理結果を得るReduce処理の2段階に分けてデータ処理を行う。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter