『はじめての人工知能』著者が語る、シンギュラリティの捉え方。

Analytics News(アナリティクスニュース)

『はじめての人工知能』著者が語る、シンギュラリティの捉え方。

TOPICS 2016年5月17日 10:00

『はじめての人工知能』著者が語る、シンギュラリティの捉え方。

人工知能をExcelで体験できる『はじめての人工知能』(翔泳社)著者・淺井登氏による刊行記念講演が、丸善名古屋本店で開催された。「人工知能の現在と未来」をテーマとした本講演は、シンギュラリティの最新トピックを中心に活況を呈した。

シンギュラリティ「危機派」と「のんき派」の主張。

講演のなかで最もホットなトピックとなったのは、2045年説が有力なシンギュラリティ(技術的特異点)についてである。

シンギュラリティについては、2005年に人工知能の権威、レイ・カーツワイル著『The Singularity is Near』がベストセラーとなったことに端を発し、古くから活発な議論がなされている。

2014年には物理学者のスティーヴン・ホーキングが「人工知能の進化は人類の終焉を意味する」と発言するなど、「人工知能が発達すると、人間が駆逐される」としてシンギュラリティについて警鐘を鳴らす著名人も少なくない。

このような「シンギュラリティ危機派」に対して、『はじめての人工知能』著者である淺井氏は「人工知能によって人間の暮らしはますます豊かになる」と考える「のんき派」の立場をとっている。「人工知能は修正可能なプログラムであり、人間の知的活動は脳のニューロン構造だけの真似でできるものではない」というのが、氏の主張だ。

本講演の最後には、シンギュラリティ「危機派」と「のんき派」に分かれた活発な質疑応答が行われた。

以上、下記URLからの要約。
https://codezine.jp/article/detail/9408

最新TOPICS

【ビッグデータ】日立+東大+産総研、移動体ビッグデータアクセス仕様「Moving Features Access」が国際標準採択(2017年03月27日 10:03)

日立製作所、東京大学、国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)は、3月13日、 データアクセス仕様「Moving Features Access」が、地理空間情報国際標準化団体「Open Geospatial Consortium」の国際標準として採択されたと発表した。 【ポイント】 ・「Moving Features Access」=位置情報へのデータアクセス仕様 ・移動体(人/...

関連用語・タグ

ウェアラブル(Wearable)

  • 用語集

「ウェアラブル」とは、直訳すると「身につけられる」といった意味であり、IT業界では主に「ウェアラブル コンピュータ」、または「ウェアラブルデバイス(Wearable Device:身につけられる装置)」の略称として使われる。

ロボット(Robot)

組み込みシステムの一種。人間と同等、またはそれ以上の作業を自律的に行う装置、もしくは機械。

R(アール)

  • 用語集

「R」を用いることで、クロス集計や回帰分析、クラスター分析、シミュレーションなどの基本的な統計分析が可能となる。またオープンソースとしてだけでなく、パッケージを導入することで最新の分析手法を実行することもできる。

共分散構造分析(Covariance Structure Analysis)

  • 用語集

分析者が質問項目間の因果関係について仮説をたて、複数の構成概念間の関係を検証する統計的手法。

相関分析(Correlation Analysis)

  • 用語集

2つないし2つ以上の変量の間で、一方の変量が変化すると他方もそれに応じて変化する相関関係を統計的に分析する分析手法である。

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter