『はじめての人工知能』著者が語る、シンギュラリティの捉え方。

Analytics News(アナリティクスニュース)

『はじめての人工知能』著者が語る、シンギュラリティの捉え方。

TOPICS 2016年5月17日 10:00

『はじめての人工知能』著者が語る、シンギュラリティの捉え方。

人工知能をExcelで体験できる『はじめての人工知能』(翔泳社)著者・淺井登氏による刊行記念講演が、丸善名古屋本店で開催された。「人工知能の現在と未来」をテーマとした本講演は、シンギュラリティの最新トピックを中心に活況を呈した。

シンギュラリティ「危機派」と「のんき派」の主張。

講演のなかで最もホットなトピックとなったのは、2045年説が有力なシンギュラリティ(技術的特異点)についてである。

シンギュラリティについては、2005年に人工知能の権威、レイ・カーツワイル著『The Singularity is Near』がベストセラーとなったことに端を発し、古くから活発な議論がなされている。

2014年には物理学者のスティーヴン・ホーキングが「人工知能の進化は人類の終焉を意味する」と発言するなど、「人工知能が発達すると、人間が駆逐される」としてシンギュラリティについて警鐘を鳴らす著名人も少なくない。

このような「シンギュラリティ危機派」に対して、『はじめての人工知能』著者である淺井氏は「人工知能によって人間の暮らしはますます豊かになる」と考える「のんき派」の立場をとっている。「人工知能は修正可能なプログラムであり、人間の知的活動は脳のニューロン構造だけの真似でできるものではない」というのが、氏の主張だ。

本講演の最後には、シンギュラリティ「危機派」と「のんき派」に分かれた活発な質疑応答が行われた。

以上、下記URLからの要約。
https://codezine.jp/article/detail/9408

最新TOPICS

【PICKUP】大阪市、「人工知能(AI)を活用した職員の業務支援」を開始へ---国際結婚や養子縁組などの問い合わせをサポート(2017年02月20日 10:03)

大阪市は、2月16日、 今秋から試験的に「人工知能(AI)を活用した職員の業務支援」を開始すると発表した。 【ポイント】 ・当面、戸籍関連事務が対象 ・市民からの申請や問い合わせに素早く正確に対応できるよう、チェック項目や回答案を示す ・国際結婚や養子縁組に伴う申請などの専門性が高い問い合わせ対応をサポートする (出所:http://www.sankei.com/west/ne...

関連用語・タグ

ERP(イーアールピー)

  • 用語集

「ERP(Enterprise Resource Planning)」とは、企業における資源(人材、資金、設備、資材、情報など)を一元的に管理し、経営を支援するための手法。その手法のために利用される業務横断型ソフトウェアパッケージは、「ERPパッケージ」「統合基幹業務システム」「統合業務パッケージ」などと呼ばれている。

RFM分析()

  • 用語集

「RFM分析」とは、Recency、Frequency、Monetaryという3つの指標で顧客を並べ替え、グループ化した顧客の性質を明らかにする顧客分析の手法のひとつ。

アソシエーション分析(Association Analytics)

  • 用語集

データ間の相関関係を発見する場合に用いられる、データマイニングの手法のひとつ。

非構造化データ()

  • 用語集

「非構造化データ」とは、企業の基幹システムに保管されている構造化データに対し、日常業務で増える電子文書や紙文書、写真、動画、音声、Webコンテンツなど構造化されていないデータを指す。

ベイズ理論()

  • 用語集

18世紀のイギリスの数学者であるトーマス・ベイズによって示された条件付き確率に関して成り立つ定理に基づく理論。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter