IDCフロンティア、NVIDIAのディープラーニング環境をクラウドで提供へ。

Analytics News(アナリティクスニュース)

IDCフロンティア、NVIDIAのディープラーニング環境をクラウドで提供へ。

TOPICS 2016年8月17日 10:00

IDCフロンティア、NVIDIAのディープラーニング環境をクラウドで提供へ。

ヤフー・ジャパングループでデータセンターとクラウドサービスを提供する株式会社IDCフロンティアは、米NVIDIAのGPUアクセラレータを採用したGPUコンピューティングのクラウドサービスと大容量のファイルストレージサービスを「ディープラーニング プラットフォーム」として提供することを発表した。実際の提供開始は2016年下半期からとなる。

真のデータセンターとなるべく、ディープラーニング技術を採用

同社代表取締役・石田誠司氏は、今回のサービス提供に際して「データ爆発によるパラダイムシフトが起きつつある。ITインフラはこのパラダイムシフトを加速させる存在となるべき。単なるサーバの切り売りではなく、データをマネジメントする真の"データセンター"事業者となる」と述べた。

ITインフラがコモディティ化していく中で、性能や価格は「あたりまえのことになっていく」と述べる石田氏は、これまで同社の優位性としてきたサーバやネットワークの速度、ワンコインから始められるコストパフォーマンス、こだわりのUI/UX、DDoS対策などのセキュリティ性能などを"あたりまえのもの"として再定義。

そこに、これまでは"あたりまえではなかった"ディープラーニングなどの要求に応えられる高い処理能力を持ったコンピューティング、大容量ストレージ、これらをつなぐ高速ネットワークを提供していくという。

同社プラットフォームエンジニアリング部の菊石謙介氏は、「現状でもIDCフロンティアのクラウド環境でディープラーニングを実践している顧客は存在している。しかしCPUによる処理では、学習に24時間以上かかってしまう」と述べ、強力な処理能力への要望が高まっていることを明らかにした。なお、ディープラーニングプラット フォームはIDCFクラウドのメニューとして利用可能。価格や正確な提供開始日などはまだ明らかにされていない。

以上、下記URLからの要約
http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1012901.html

最新TOPICS

【AI】パナソニックのR&D戦略---AI技術者を「5年後には1000人体制」に拡大、新卒採用ではAI特別枠(2017年04月21日 10:03)

パナソニックは、同社グループのR&D戦略について説明した。 【ポイント】 ・AI技術者を「3年後には300人体制」「5年後には1000人体制」に拡大する計画 ・大阪大学と共同講座を開設して、社内のデジタル系技術者を育成 ・新卒採用においては、AIを特別枠として設置し、4月からその1期生が入社している 【テーマ】 ・パナソニックは約100年前にアントレプレナーが起業した ・AI...

関連用語・タグ

決定木分析()

  • 用語集

樹木状のモデルを使って要因を分析しその分析結果から境界線を探して予測を行う、データマイニングの手法のひとつ。

ロジスティック回帰分析(Logistic regression)

  • 用語集

多変量解析の一種である。線形回帰分析が量的変数を予測するのに対して、ロジスティック回帰分析は質的確率を予測する。

ETL(イーティーエル)

  • 用語集

「ETL(Extract Transform Load)」とは、外部の情報源からデータを抽出(Extract)し、データウェアハウスなどで利用しやすい形に変換・加工(Transform)し、データベースに書き出す(Load)までの一連の工程である。これらの処理を支援するツールを「ETLツール」と呼ぶ。

クロス集計()

  • 用語集

2~3種類の情報に限定してデータの分析や集計を行なう手法。縦軸と横軸に項目を割り振り、特定の項目の相互関係を明らかにすることができる。

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter