IDCフロンティア、NVIDIAのディープラーニング環境をクラウドで提供へ。

Analytics News(アナリティクスニュース)

IDCフロンティア、NVIDIAのディープラーニング環境をクラウドで提供へ。

TOPICS 2016年8月17日 10:00

IDCフロンティア、NVIDIAのディープラーニング環境をクラウドで提供へ。

ヤフー・ジャパングループでデータセンターとクラウドサービスを提供する株式会社IDCフロンティアは、米NVIDIAのGPUアクセラレータを採用したGPUコンピューティングのクラウドサービスと大容量のファイルストレージサービスを「ディープラーニング プラットフォーム」として提供することを発表した。実際の提供開始は2016年下半期からとなる。

真のデータセンターとなるべく、ディープラーニング技術を採用

同社代表取締役・石田誠司氏は、今回のサービス提供に際して「データ爆発によるパラダイムシフトが起きつつある。ITインフラはこのパラダイムシフトを加速させる存在となるべき。単なるサーバの切り売りではなく、データをマネジメントする真の"データセンター"事業者となる」と述べた。

ITインフラがコモディティ化していく中で、性能や価格は「あたりまえのことになっていく」と述べる石田氏は、これまで同社の優位性としてきたサーバやネットワークの速度、ワンコインから始められるコストパフォーマンス、こだわりのUI/UX、DDoS対策などのセキュリティ性能などを"あたりまえのもの"として再定義。

そこに、これまでは"あたりまえではなかった"ディープラーニングなどの要求に応えられる高い処理能力を持ったコンピューティング、大容量ストレージ、これらをつなぐ高速ネットワークを提供していくという。

同社プラットフォームエンジニアリング部の菊石謙介氏は、「現状でもIDCフロンティアのクラウド環境でディープラーニングを実践している顧客は存在している。しかしCPUによる処理では、学習に24時間以上かかってしまう」と述べ、強力な処理能力への要望が高まっていることを明らかにした。なお、ディープラーニングプラット フォームはIDCFクラウドのメニューとして利用可能。価格や正確な提供開始日などはまだ明らかにされていない。

以上、下記URLからの要約
http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1012901.html

最新TOPICS

【ビッグデータ】日立+東大+産総研、移動体ビッグデータアクセス仕様「Moving Features Access」が国際標準採択(2017年03月27日 10:03)

日立製作所、東京大学、国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)は、3月13日、 データアクセス仕様「Moving Features Access」が、地理空間情報国際標準化団体「Open Geospatial Consortium」の国際標準として採択されたと発表した。 【ポイント】 ・「Moving Features Access」=位置情報へのデータアクセス仕様 ・移動体(人/...

関連用語・タグ

畳み込みニューラルネットワーク(Convolutional Neural Network)

  • 用語集

文字どおり、畳み込み(コンボリューション)を加えたニューラルネットワークの一種。個々のニューロンが視覚野と対応するような形で配置されており、画像や動画認識に広く使われる。

クロス集計()

  • 用語集

2~3種類の情報に限定してデータの分析や集計を行なう手法。縦軸と横軸に項目を割り振り、特定の項目の相互関係を明らかにすることができる。

営業()

  • タグ

多変量解析入門()

  • 用語集

複数の変数に関するデータをもとに、変数間の相互関連を分析する統計的技法の総称。

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter