「シンギュラリティ」がバズワードに。3度目のAIブームは本物か?

Analytics News(アナリティクスニュース)

「シンギュラリティ」がバズワードに。3度目のAIブームは本物か?

TOPICS 2016年9月12日 10:00

「シンギュラリティ」がバズワードに。3度目のAIブームは本物か?

最近、「シンギュラリティ」という言葉が注目されている。人工知能(AI)が人間の知能を超えることで起こる出来事、という意味だ。これと並んで、「2045年問題」という言葉がある。2045年にAIが人間の知能を抜くと言われており、そこで様々な問題が起こると言われているのだ。

 あらゆるものがAIでできてしまったら、人間はどうすればいいのだろうか。人間の仕事はなくなってしまうのだろうか。これらの問題は、AIの開発は、人類を幸福にするのか、不幸にするのかという疑問に直結する。

AIが人知を超える「シンギュラリティ」の未来に何が起こるのか

2016年3月、米グーグルの研究部門であるが開発したGoogle DeepMindが開発した囲碁AI「AlphaGo(アルファ碁)」が韓国のイ・セドル九段に勝利したことが話題になった。

またAIを使って書いた小説が、文学賞の1次審査を通過したことも注目を集めた。近い将来、いよいよAIが人間の知能を上回るシンギュラリティの時代がやって来るのではないかと世界中が期待を寄せている。

こうした未来を目前にして、巻き起こっている空前のAIブーム。実は、シンギュラリティという言葉の成り立ちは古く、AIブームの到来も、今回で3度目である。

以上、下記URLからの要約
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/100463/082400079/?rt=nocnt

最新TOPICS

【AI】クックパッド、「第1回AIチャレンジコンテスト」に協力---人工知能は「うどん」と「そうめん」を見分けられるのか?(2017年01月16日 10:03)

クックパッドが、 「第1回AIチャレンジコンテスト」に協力する。 【AIチャレンジコンテスト とは】 ・政府の人工知能技術戦略会議+内閣府+文部科学省が主催 ・AI技術を応用した画像認識コンテスト ・応募受付期間は3月9日まで クックパッドは、多種多様な盛り付け写真などを提供する。 (出所:https://internetcom.jp/202030/ai-udon-and...

関連用語・タグ

回帰分析()

  • 用語集

「回帰分析」とは、2つの変数から相関関係や因果関係を導き出すために、一方の変数から将来的な値を予測するための予測式(回帰直線)を求める手法。

ERP(イーアールピー)

  • 用語集

「ERP(Enterprise Resource Planning)」とは、企業における資源(人材、資金、設備、資材、情報など)を一元的に管理し、経営を支援するための手法。その手法のために利用される業務横断型ソフトウェアパッケージは、「ERPパッケージ」「統合基幹業務システム」「統合業務パッケージ」などと呼ばれている。

ETL(イーティーエル)

  • 用語集

「ETL(Extract Transform Load)」とは、外部の情報源からデータを抽出(Extract)し、データウェアハウスなどで利用しやすい形に変換・加工(Transform)し、データベースに書き出す(Load)までの一連の工程である。これらの処理を支援するツールを「ETLツール」と呼ぶ。

ベイズ理論()

  • 用語集

18世紀のイギリスの数学者であるトーマス・ベイズによって示された条件付き確率に関して成り立つ定理に基づく理論。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter