人間では「絶対勝てない」投資ロボのスゴさ。ディープラーニングが金融を一変させる。

Analytics News(アナリティクスニュース)

人間では「絶対勝てない」投資ロボのスゴさ。ディープラーニングが金融を一変させる。

TOPICS 2016年9月17日 10:00

人間では「絶対勝てない」投資ロボのスゴさ。ディープラーニングが金融を一変させる。

金融業界では、すでに有名ヘッジファンドがディープラーニングなどの人工知能の活用に本気で取り組み始めている。ソニー銀行の設立メンバーで、金融市場の実態とそこで使われるテクノロジーを熟知し、『人工知能が金融を支配する日』を上梓した櫻井豊氏に解説する。

カリスマ投資家は、ディープラーニングによる運用に本気。

ここ数年、ヘッジファンドがディープラーニングなどの最新の人工知能に関するトップ級の技術者を引き抜く動きが活発化している。つい先日も、伝説的な投資家のひとりであるポール・チューダー・ジョーンズが率いるヘッジファンドが、これまでの手法から方向転換し、専門家を雇用し、ディープラーニングやビッグデータ分析などを活用した新しい取引スタイルを模索しはじめたことが報道された。

人間の投資家の経験や勘に頼らず、数理的な分析によって投資判断を行うファンドをクオンツ・ファンドという。そして、いくつかのクオンツ・ファンドは人工知能の利用にたいへんに積極的である。なかでも近年注目を集めているのは、設立後わずか15年で運用資産を350億ドル(4兆円近く)まで急拡大させたツーシグマ・インベストメンツだ。

ツーシグマの2人の創業者は、ひとりがコンピュータ技術者で、ひとりが数学オリンピックでメダルを取得したこともある統計の専門家である。

ツーシグマでは、企業の財務データのみならず、利用可能なデータをすべて活用して人工知能が運用を行う。資産運用には、さまざまな手法による相場の予想だけでなく、予想のウェイト付けやリスク管理など多様なタスクが求められるが、ツーシグマではそれぞれのタスクの性質に応じてディープラーニングをはじめ複数の手法を使い分け、全体のパフォーマンスを向上させる。ツーシグマはこうした先進的な運用手法によって、2014年までの10年間に平均30%のリターンをあげ、ほかのファンドが軒並みマイナス運用となった昨年も15%もの運用成績を上げた。

以上、下記URLからの要約
http://toyokeizai.net/articles/-/132933

最新TOPICS

【AI】AI国内市場予測---「AI導入検討中=17.9%」「年平均20.4%で成長」「米独市場と比べて高い成長率を維持」(2017年05月25日 10:03)

MM総研がAI国内市場予測を発表した。 【ポイント】 日本企業 ・人工知能(AI)をビジネスに導入している=1.8% ・導入検討中=17.9% AIの国内市場規模 ・2016年度=2220億円(前年度比約2倍) AIの国内市場規模成長予測 ・年平均20.4%で成長 ・2021年には5610億円に達する予測 ・米独市場と比べて高い成長率を維持

関連用語・タグ

AI(artificial intelligence)

  • 用語集

「人工知能(AI)」とは、コンピュータ上などで人工的に人間と同様の知能を実現させようという試み、或いはそのための一連の基礎技術。

共分散構造分析(Covariance Structure Analysis)

  • 用語集

分析者が質問項目間の因果関係について仮説をたて、複数の構成概念間の関係を検証する統計的手法。

クラウド・コンピューティング(Cloud Computing)

  • 用語集

「クラウド・コンピューティング」とは、データを、パソコンや携帯端末ではなく、インターネット上に保存する使い方やサービス。

NoSQL(ノーエスキューエル)

  • 用語集

「NoSQL(ノーエスキューエル)」とは、膨大なデータ量を高速かつ動的に整理し分析する、非リレーショナルな分散データベースシステムである。スケーラビリティ、可用性、耐障害性において、従来のRDB(リレーショナルデータベース)を凌駕するデータベースとしてNoSQLが、注目を集めている。

ウェアラブル(Wearable)

  • 用語集

「ウェアラブル」とは、直訳すると「身につけられる」といった意味であり、IT業界では主に「ウェアラブル コンピュータ」、または「ウェアラブルデバイス(Wearable Device:身につけられる装置)」の略称として使われる。

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter