日本初「Hadoop Summit」開催。先端企業によるビッグデータ活用事例も紹介。

Analytics News(アナリティクスニュース)

日本初「Hadoop Summit」開催。先端企業によるビッグデータ活用事例も紹介。

TOPICS 2016年10月19日 10:00

日本初「Hadoop Summit」開催。先端企業によるビッグデータ活用事例も紹介。

「Hadoop」のディストリビューションであるホートンワークス(Hortonworks)が、2016年10月に、日本初となる「Hadoop Summit 2016 Tokyo」を開催する。本イベントはビッグデータをビジネスで活用するためのイベントであり、イベントのなかではビッグデータ成功事例なども紹介される。

ビッグデータを牽引する企業が紹介する成功事例。

世界的にビッグデータテクノロジーを牽引するホートンワークスは、国内では2015年に日本法人が営業を開始したばかり。日本での初期顧客としては、ヤフーがHadoopディストリビューション「Hortonworks Data Platform(HDP)」を採用し注目を集めた。

「Hadoop Summit」は、Apache Hadoop、そのエコシステムの紹介を行うグローバルイベントであり、2016年6月には、San Joseで開催されたばかり。最近は、Apache Spark、機械学習、IoT、クラウド、データサイエンス、先進的な企業でのデータ活用事例に関連するセッションや展示が増えているという。

「Hadoop Summit Tokyo 2016」は、モダンデータアプリケーションを支える主要なテクノロジーやビジネスへの利用価値を理解する5つのトラックで構成される。ビッグデータ業界の専門家、ビジネスリーダー、アーキテクチャ、データサイエンシスト、Hadoopデベロッパ、そしてApacheコミッターが、ユースケース、成功事例、ベストプラクティス、教訓、テクノロジーインサイトなどをシェアする場だとしている(有料)。

開催概要

日程(セッション・ワークショップ):2016年10月26日(水)~27日(木)
会場:ヒルトン新宿(東京都新宿区)
主催:Hortonworks

以上、下記URLからの要約
https://enterprisezine.jp/article/detail/8504

最新TOPICS

【ビッグデータ】日立+東大+産総研、移動体ビッグデータアクセス仕様「Moving Features Access」が国際標準採択(2017年03月27日 10:03)

日立製作所、東京大学、国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)は、3月13日、 データアクセス仕様「Moving Features Access」が、地理空間情報国際標準化団体「Open Geospatial Consortium」の国際標準として採択されたと発表した。 【ポイント】 ・「Moving Features Access」=位置情報へのデータアクセス仕様 ・移動体(人/...

関連用語・タグ

ベイズ理論()

  • 用語集

18世紀のイギリスの数学者であるトーマス・ベイズによって示された条件付き確率に関して成り立つ定理に基づく理論。

RFM分析()

  • 用語集

「RFM分析」とは、Recency、Frequency、Monetaryという3つの指標で顧客を並べ替え、グループ化した顧客の性質を明らかにする顧客分析の手法のひとつ。

ロボット(Robot)

組み込みシステムの一種。人間と同等、またはそれ以上の作業を自律的に行う装置、もしくは機械。

回帰直線()

  • 用語集

「回帰直線」とは、最小二乗法によって求められる2組のデータにおける中心的な分布傾向を表す直線。

データウェアハウス(Data Warehouse)

  • 用語集

「データウェアハウス(data warehouse)」とは、企業の意志決定のため、目的別に編成、統合され、なおかつ時系列で削除や更新をしないデータの集合体を指す。具体的には、複数の基幹システムからトランザクションを抽出して、再構成・再蓄積したデータの集合体を意味する。

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter