【AI×音声認識】Microsoft Research、音声認識技術が「人間レベル」に到達---プロの口述筆記者と同じレベル、「Computational Network Toolkit」を利用

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI×音声認識】Microsoft Research、音声認識技術が「人間レベル」に到達---プロの口述筆記者と同じレベル、「Computational Network Toolkit」を利用

TOPICS 2016年10月20日 10:03

【AI×音声認識】Microsoft Research、音声認識技術が「人間レベル」に到達---プロの口述筆記者と同じレベル、「Computational Network Toolkit」を利用

Microsoft Researchが研究を続けてきた音声認識技術が、ついに「人間レベル」に到達した。

【ポイント】
・単語誤り率(word error rate)が5.9%となった
 →プロの口述筆記者と同じレベル
・認識システムの構築には、マイクロソフトがオープンソースで提供している「Computational Network Toolkit」を利用

(出所:http://jp.techcrunch.com/2016/10/19/20161018microsoft-hits-a-speech-recognition-milestone-with-a-system-just-as-good-as-human-ears/

最新TOPICS

【ビッグデータ】日立+東大+産総研、移動体ビッグデータアクセス仕様「Moving Features Access」が国際標準採択(2017年03月27日 10:03)

日立製作所、東京大学、国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)は、3月13日、 データアクセス仕様「Moving Features Access」が、地理空間情報国際標準化団体「Open Geospatial Consortium」の国際標準として採択されたと発表した。 【ポイント】 ・「Moving Features Access」=位置情報へのデータアクセス仕様 ・移動体(人/...

関連用語・タグ

畳み込みニューラルネットワーク(Convolutional Neural Network)

  • 用語集

文字どおり、畳み込み(コンボリューション)を加えたニューラルネットワークの一種。個々のニューロンが視覚野と対応するような形で配置されており、画像や動画認識に広く使われる。

コレスポンデンス分析()

  • 用語集

「コレスポンデンス分析」(Correspondence Analysis)とは、類似した項目を明らかにするため、各項目を数値化する分析手法である。

主成分分析(Principal Component Analysis)

  • 用語集

ビッグデータをはじめとした多変量データを統合し新たな総合指標を作り出し、多くの変数にウェイトをつけて少数の合成変数を作る統計手法である。

コンジョイント分析(Conjoint Analysis)

  • 用語集

商品やサービスを構成する要素の最適な組み合わせを探るために多変量解析を用いた分析方法。

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter