「今のAIでは、シンギュラリティは起こらない」――ガートナー調査

Analytics News(アナリティクスニュース)

「今のAIでは、シンギュラリティは起こらない」――ガートナー調査

TOPICS 2016年10月24日 10:00

「今のAIでは、シンギュラリティは起こらない」――ガートナー調査

毎年、米国グローバル調査会社ガートナー社が発表する「戦略テクノロジートップ10」の2017年度版が発表された。なかでもトップ10入りした「高度な機械学習と人工知能(AI)」に関連するシンギュラリティについては、独自の見解を示した。

「現在の人工知能は自律はするが、シンギュラリティにはつながらない」

「戦略テクノロジー」とは、企業に大きな影響を与える可能性を秘めた戦略的テクノロジーのトレンドであり、2017年度トップ10のキーワードは次の通りである。

  • 「会話型システム」
  • 「拡張現実(AR)と仮想現実(VR)」
  • 「デジタルツイン」
  • 「高度な機械学習と人工知能(AI)(シンギュラリティ)」
  • 「インテリジェントなアプリ(IoT)」
  • 「インテリジェントなモノ」
  • 「アダプティブセキュリティアーキテクチャ」
  • 「ブロックチェーンと分散型台帳」
  • 「メッシュのアプリとサービスアーキテクチャ」
  • 「デジタルテクノロジープラットフォーム」

上記のなかでも「拡張現実と仮想現実」については、ゲームだけでなく医療セラピーや分子モデリングなど用途を大きく広げると予測している。

また「高度な機械学習と人工知能(AI)」や「インテリジェントなアプリ、モノ(IoT)」については、段階に応じた進化が順調に進んでいる。AIの能力は、「高速な情報処理」と「複雑性」に対応したした後、「理解、学習、予測、適応」を経て「自律的な行動」へと進化する。ガートナー社リサーチ部門VPジェイミー・ポプキン氏は、人工知能は「テレビやラジオなどが徐々に日常に受け入られていったように普及する」と、述べる。

一方、機械が自律的に進化するとシンギュラリティを迎え、「機械が人を支配する」という根強い懸念については「現在の人工知能や機械学習の先にシンギュラリティはない」と断言。現在のテクノロジーの延長線上にはある人工知能とは「人間を支援し、人間の機能を拡張していくもの」との見解を述べている。

以上、下記URLからの要約。
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1610/11/news038.html

最新TOPICS

【AI】NII+Sansan、名刺情報サンプルデータを無償提供---サンプル名刺スキャンデータ3841枚分、画像処理/機械学習の研究発展に(2017年05月24日 10:03)

「大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立情報学研究所(NII)」と「Sansan株式会社」は、5月23日、 Sansanの名刺情報サンプルデータを「Sansanデータセット」として研究コミュニティに無償提供すると発表した。 【ポイント】 ・サンプル名刺のスキャンデータ3841枚分 ・架空の会社名、名前、役職、郵便番号を含む住所、電話番号、FAX番号、携帯電話番号、電子メールアド...

関連用語・タグ

データサイエンス(Data Science)

  • 用語集

「データサイエンス」とは情報学の一種であり、データを重視する学問である。

IoT(モノのインターネット:Internet of Things)

「IoT」とは、従来はコンピュータやサーバなどの情報・通信機器だけに接続されていたインターネットを、世の中に存在する様々な物体(モノ)に接続して自動認識や自動制御、遠隔計測などを行う技術。

決定木分析()

  • 用語集

樹木状のモデルを使って要因を分析しその分析結果から境界線を探して予測を行う、データマイニングの手法のひとつ。

主成分分析(Principal Component Analysis)

  • 用語集

ビッグデータをはじめとした多変量データを統合し新たな総合指標を作り出し、多くの変数にウェイトをつけて少数の合成変数を作る統計手法である。

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter