「今のAIでは、シンギュラリティは起こらない」――ガートナー調査

Analytics News(アナリティクスニュース)

「今のAIでは、シンギュラリティは起こらない」――ガートナー調査

TOPICS 2016年10月24日 10:00

「今のAIでは、シンギュラリティは起こらない」――ガートナー調査

毎年、米国グローバル調査会社ガートナー社が発表する「戦略テクノロジートップ10」の2017年度版が発表された。なかでもトップ10入りした「高度な機械学習と人工知能(AI)」に関連するシンギュラリティについては、独自の見解を示した。

「現在の人工知能は自律はするが、シンギュラリティにはつながらない」

「戦略テクノロジー」とは、企業に大きな影響を与える可能性を秘めた戦略的テクノロジーのトレンドであり、2017年度トップ10のキーワードは次の通りである。

  • 「会話型システム」
  • 「拡張現実(AR)と仮想現実(VR)」
  • 「デジタルツイン」
  • 「高度な機械学習と人工知能(AI)(シンギュラリティ)」
  • 「インテリジェントなアプリ(IoT)」
  • 「インテリジェントなモノ」
  • 「アダプティブセキュリティアーキテクチャ」
  • 「ブロックチェーンと分散型台帳」
  • 「メッシュのアプリとサービスアーキテクチャ」
  • 「デジタルテクノロジープラットフォーム」

上記のなかでも「拡張現実と仮想現実」については、ゲームだけでなく医療セラピーや分子モデリングなど用途を大きく広げると予測している。

また「高度な機械学習と人工知能(AI)」や「インテリジェントなアプリ、モノ(IoT)」については、段階に応じた進化が順調に進んでいる。AIの能力は、「高速な情報処理」と「複雑性」に対応したした後、「理解、学習、予測、適応」を経て「自律的な行動」へと進化する。ガートナー社リサーチ部門VPジェイミー・ポプキン氏は、人工知能は「テレビやラジオなどが徐々に日常に受け入られていったように普及する」と、述べる。

一方、機械が自律的に進化するとシンギュラリティを迎え、「機械が人を支配する」という根強い懸念については「現在の人工知能や機械学習の先にシンギュラリティはない」と断言。現在のテクノロジーの延長線上にはある人工知能とは「人間を支援し、人間の機能を拡張していくもの」との見解を述べている。

以上、下記URLからの要約。
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1610/11/news038.html

最新TOPICS

【PICKUP】大阪市、「人工知能(AI)を活用した職員の業務支援」を開始へ---国際結婚や養子縁組などの問い合わせをサポート(2017年02月20日 10:03)

大阪市は、2月16日、 今秋から試験的に「人工知能(AI)を活用した職員の業務支援」を開始すると発表した。 【ポイント】 ・当面、戸籍関連事務が対象 ・市民からの申請や問い合わせに素早く正確に対応できるよう、チェック項目や回答案を示す ・国際結婚や養子縁組に伴う申請などの専門性が高い問い合わせ対応をサポートする (出所:http://www.sankei.com/west/ne...

関連用語・タグ

判別分析法()

  • 用語集

データを異なるグループに分ける際に、まだ分類されていない新しいデータがどちらのグループに入るのかを判別するための基準を得るための分類の手法。

営業()

  • タグ

MapReduce(マップリデュース)

  • 用語集

「MapReduce(マップリデュース)」とは、大規模なデータを分散処理するためのプログラミングモデル。 分割されたデータの断片に加工を施し必要な情報を抽出するMap処理と、Mapで抽出した情報を束ねて処理結果を得るReduce処理の2段階に分けてデータ処理を行う。

主成分分析(Principal Component Analysis)

  • 用語集

ビッグデータをはじめとした多変量データを統合し新たな総合指標を作り出し、多くの変数にウェイトをつけて少数の合成変数を作る統計手法である。

NoSQL(ノーエスキューエル)

  • 用語集

「NoSQL(ノーエスキューエル)」とは、膨大なデータ量を高速かつ動的に整理し分析する、非リレーショナルな分散データベースシステムである。スケーラビリティ、可用性、耐障害性において、従来のRDB(リレーショナルデータベース)を凌駕するデータベースとしてNoSQLが、注目を集めている。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter