AWSと経産省が、中堅中小製造業向けIoT事例紹介。

Analytics News(アナリティクスニュース)

AWSと経産省が、中堅中小製造業向けIoT事例紹介。

TOPICS 2016年11月23日 10:00

AWSと経産省が、中堅中小製造業向けIoT事例紹介。

製造業IoTの活用推進を図る経済産業省は、アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWS)と共同で、中堅中小製造業のIoT活用に関する説明会を開催した。合わせてAWSのクラウドサービスを活用したIoTソリューションを開発、提供し事例を多く要する3社も出席し、国の取り組みやIoT活用事例、ソリューションなどが紹介された。

身の丈にあったIoT活用事例が充実。

2015年12月に経産省が行った製造業のIoT活用に関する調査によると、国内でも「設計・開発」や「生産」のプロセスにおけるIoT活用は進みつつある一方で、製品のアフターサービスなど(予知保全など)「運用・保守」プロセスでのIoT活用は大きく遅れている。また、特に中堅中小製造業層においては、IoT活用で「何ができるのかわからない」「データを共有することへの不安」「セキュリティが心配」といった課題もある。

経済産業省の主眼は、中堅中小企業におけるIoT活用の活性化にある。経産省担当者によると、IoTツールは必ずしも大企業だけが導入できる高度なものではなく、中堅中小企業においてこそ「身の丈に合った活用事例がある」という。

このコンセプトに基づいて、政府が設置したロボット革命イニシアティブ協議会(RRI)内にある中堅・中小企業アクショングループ(AG)では、「IoTツール情報の一元化と発信」「事例集の策定」「導入コンサルタントの育成/活用促進」に取り組むこととなった。

IoTツール情報の一元化を図るアクションとして、2016年夏に実施されたのが「第1回 中堅・中小製造業向けIoTツール募集イベント」である。公募の結果、「生産現場」「工場や企業間の情報連携」「海外展開」「人材育成」など7つのテーマ/課題に対するソリューションとなる106件のツールが公表された。そのほか、RRIが主導し、先進ユースケースのオンラインマップ、中小企業へのIoTやロボットの導入支援を行う「スマートものづくり応援隊」の事例も紹介された。

以上、下記URLからの要約
http://ascii.jp/elem/000/001/262/1262378/

最新TOPICS

【AI】パナソニックのR&D戦略---AI技術者を「5年後には1000人体制」に拡大、新卒採用ではAI特別枠(2017年04月21日 10:03)

パナソニックは、同社グループのR&D戦略について説明した。 【ポイント】 ・AI技術者を「3年後には300人体制」「5年後には1000人体制」に拡大する計画 ・大阪大学と共同講座を開設して、社内のデジタル系技術者を育成 ・新卒採用においては、AIを特別枠として設置し、4月からその1期生が入社している 【テーマ】 ・パナソニックは約100年前にアントレプレナーが起業した ・AI...

関連用語・タグ

Apache Hadoop(アパッチ ハドゥープ)

  • 用語集

「Apache Hadoop(アパッチ ハドゥープ)」とは、 ビッグデータを複数のマシンに分散して処理できる、オープンソースのプラットフォームである。

クリックストリームデータ()

  • 用語集

Web サイトやオンライン・ショップにおける訪問者のアクセス・ログである。Web サイトやオンライン・ショップにアクセスした訪問者が、どのような順番に従ってWebサイト内を移動したのかという一連の履歴がわかる。来訪者はリンクをクリックしてサイト内を移動するため、「クリックの流れ」とも呼ばれる。

RFM分析()

  • 用語集

「RFM分析」とは、Recency、Frequency、Monetaryという3つの指標で顧客を並べ替え、グループ化した顧客の性質を明らかにする顧客分析の手法のひとつ。

ベイズ理論()

  • 用語集

18世紀のイギリスの数学者であるトーマス・ベイズによって示された条件付き確率に関して成り立つ定理に基づく理論。

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter