AWSと経産省が、中堅中小製造業向けIoT事例紹介。

Analytics News(アナリティクスニュース)

AWSと経産省が、中堅中小製造業向けIoT事例紹介。

TOPICS 2016年11月23日 10:00

AWSと経産省が、中堅中小製造業向けIoT事例紹介。

製造業IoTの活用推進を図る経済産業省は、アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWS)と共同で、中堅中小製造業のIoT活用に関する説明会を開催した。合わせてAWSのクラウドサービスを活用したIoTソリューションを開発、提供し事例を多く要する3社も出席し、国の取り組みやIoT活用事例、ソリューションなどが紹介された。

身の丈にあったIoT活用事例が充実。

2015年12月に経産省が行った製造業のIoT活用に関する調査によると、国内でも「設計・開発」や「生産」のプロセスにおけるIoT活用は進みつつある一方で、製品のアフターサービスなど(予知保全など)「運用・保守」プロセスでのIoT活用は大きく遅れている。また、特に中堅中小製造業層においては、IoT活用で「何ができるのかわからない」「データを共有することへの不安」「セキュリティが心配」といった課題もある。

経済産業省の主眼は、中堅中小企業におけるIoT活用の活性化にある。経産省担当者によると、IoTツールは必ずしも大企業だけが導入できる高度なものではなく、中堅中小企業においてこそ「身の丈に合った活用事例がある」という。

このコンセプトに基づいて、政府が設置したロボット革命イニシアティブ協議会(RRI)内にある中堅・中小企業アクショングループ(AG)では、「IoTツール情報の一元化と発信」「事例集の策定」「導入コンサルタントの育成/活用促進」に取り組むこととなった。

IoTツール情報の一元化を図るアクションとして、2016年夏に実施されたのが「第1回 中堅・中小製造業向けIoTツール募集イベント」である。公募の結果、「生産現場」「工場や企業間の情報連携」「海外展開」「人材育成」など7つのテーマ/課題に対するソリューションとなる106件のツールが公表された。そのほか、RRIが主導し、先進ユースケースのオンラインマップ、中小企業へのIoTやロボットの導入支援を行う「スマートものづくり応援隊」の事例も紹介された。

以上、下記URLからの要約
http://ascii.jp/elem/000/001/262/1262378/

最新TOPICS

【ビッグデータ】日立+東大+産総研、移動体ビッグデータアクセス仕様「Moving Features Access」が国際標準採択(2017年03月27日 10:03)

日立製作所、東京大学、国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)は、3月13日、 データアクセス仕様「Moving Features Access」が、地理空間情報国際標準化団体「Open Geospatial Consortium」の国際標準として採択されたと発表した。 【ポイント】 ・「Moving Features Access」=位置情報へのデータアクセス仕様 ・移動体(人/...

関連用語・タグ

家電()

  • タグ

ニューラルネットワーク(Neural Network)

  • 用語集

脳機能の特性を表現することを目指した数学モデルである。人工ニューラルネットワークとも言う。

BI(ビジネスインテリジェンス)

「ビジネスインテリジェンス(BI)」とは、ビジネス上の意思決定を支援するために、蓄積された組織のデータを分析する手法や技術。意思決定支援システム(DSS)のひとつ。

クロス集計()

  • 用語集

2~3種類の情報に限定してデータの分析や集計を行なう手法。縦軸と横軸に項目を割り振り、特定の項目の相互関係を明らかにすることができる。

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter