シンギュラリティによって、AIに仕事を奪われないための「ロボット経済3原則」。

Analytics News(アナリティクスニュース)

シンギュラリティによって、AIに仕事を奪われないための「ロボット経済3原則」。

TOPICS 2016年12月7日 10:00

シンギュラリティによって、AIに仕事を奪われないための「ロボット経済3原則」。

人工知能の能力が人間を追い越す日のことをシンギュラリティ(特異点)と言い、この概念を最初に提唱したレイ・カーツワイルの予測では、2045年くらいに現実になるのではないかと言われている。未来の人類の失業を防ぐための「ロボット経済3原則」を考えよう。

シンギュラリティ後の世界で失業しないための経済学。

実際にシンギュラリティが到来したら、人間と同等かそれ以上の能力を持つロボットは確実に登場するだろう。そのようなロボットが1人1台手に入れば、国民全員が働かなくても、そして学校に行かなくても、とにかくつらいことは全部やらないことにしても、経済や社会は同じように回るはずだ。

人間の代わりにロボットが働いても、GDP(国内総生産)はこれまでと変わらない。同じレベルの国民生活が維持できる。人間の代わりに仕事は全部ロボットがやってくれる。そんな未来は、人類にとってパラダイスになるはずだ。

ところが、現実には大きな不安がある。2025年には自動運転車は実用レベルの無人運転ができるようになると言われている。そうなったときには、タクシードライバーや長距離トラックドライバーの大量失業が起きると言われている。

2030年には日本人の仕事の半数は人工知能やロボットにとって代わられるという予測があるし、2045年にシンギュラリティの日が来れば、結局人間はみな失業することになる。

これはパラドックスである。これまでSF映画の中にしかいないと思われてきた人間と同じ能力のロボットが現実に出現して、人間の代わりに働いてくれるようになったら、本来なら人間は今よりも幸せになるはずだ。それなのに、人間と同じ仕事をしてくれるロボットが出現するたびに、人間は仕事を失って不幸せになっていく。

私は長い間、今年に入ったばかりのある日、簡単にこのパラドックスを解く鍵を発見した。シンギュラリティ後の世界では、次のような「ロボット経済3原則」を打ち立てれば、未来の人類の失業はなくなると考えたのだ。

 

以上、下記URLからの要約
http://diamond.jp/articles/-/109210

最新TOPICS

【ビッグデータ】日立+東大+産総研、移動体ビッグデータアクセス仕様「Moving Features Access」が国際標準採択(2017年03月27日 10:03)

日立製作所、東京大学、国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)は、3月13日、 データアクセス仕様「Moving Features Access」が、地理空間情報国際標準化団体「Open Geospatial Consortium」の国際標準として採択されたと発表した。 【ポイント】 ・「Moving Features Access」=位置情報へのデータアクセス仕様 ・移動体(人/...

関連用語・タグ

データサイエンス(Data Science)

  • 用語集

「データサイエンス」とは情報学の一種であり、データを重視する学問である。

共分散構造分析(Covariance Structure Analysis)

  • 用語集

分析者が質問項目間の因果関係について仮説をたて、複数の構成概念間の関係を検証する統計的手法。

データウェアハウス(Data Warehouse)

  • 用語集

「データウェアハウス(data warehouse)」とは、企業の意志決定のため、目的別に編成、統合され、なおかつ時系列で削除や更新をしないデータの集合体を指す。具体的には、複数の基幹システムからトランザクションを抽出して、再構成・再蓄積したデータの集合体を意味する。

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter