シンギュラリティによって、AIに仕事を奪われないための「ロボット経済3原則」。

Analytics News(アナリティクスニュース)

シンギュラリティによって、AIに仕事を奪われないための「ロボット経済3原則」。

TOPICS 2016年12月7日 10:00

シンギュラリティによって、AIに仕事を奪われないための「ロボット経済3原則」。

人工知能の能力が人間を追い越す日のことをシンギュラリティ(特異点)と言い、この概念を最初に提唱したレイ・カーツワイルの予測では、2045年くらいに現実になるのではないかと言われている。未来の人類の失業を防ぐための「ロボット経済3原則」を考えよう。

シンギュラリティ後の世界で失業しないための経済学。

実際にシンギュラリティが到来したら、人間と同等かそれ以上の能力を持つロボットは確実に登場するだろう。そのようなロボットが1人1台手に入れば、国民全員が働かなくても、そして学校に行かなくても、とにかくつらいことは全部やらないことにしても、経済や社会は同じように回るはずだ。

人間の代わりにロボットが働いても、GDP(国内総生産)はこれまでと変わらない。同じレベルの国民生活が維持できる。人間の代わりに仕事は全部ロボットがやってくれる。そんな未来は、人類にとってパラダイスになるはずだ。

ところが、現実には大きな不安がある。2025年には自動運転車は実用レベルの無人運転ができるようになると言われている。そうなったときには、タクシードライバーや長距離トラックドライバーの大量失業が起きると言われている。

2030年には日本人の仕事の半数は人工知能やロボットにとって代わられるという予測があるし、2045年にシンギュラリティの日が来れば、結局人間はみな失業することになる。

これはパラドックスである。これまでSF映画の中にしかいないと思われてきた人間と同じ能力のロボットが現実に出現して、人間の代わりに働いてくれるようになったら、本来なら人間は今よりも幸せになるはずだ。それなのに、人間と同じ仕事をしてくれるロボットが出現するたびに、人間は仕事を失って不幸せになっていく。

私は長い間、今年に入ったばかりのある日、簡単にこのパラドックスを解く鍵を発見した。シンギュラリティ後の世界では、次のような「ロボット経済3原則」を打ち立てれば、未来の人類の失業はなくなると考えたのだ。

 

以上、下記URLからの要約
http://diamond.jp/articles/-/109210

最新TOPICS

【IoT】NEC PC、IoTオープンイノベーションプラットフォーム「plusbenlly」のベータ版無料公開を開始---提携52社で始動、業界横断した「真結合」が必要(2017年07月21日 10:03)

NECパーソナルコンピュータは、7月19日、 IoTオープンイノベーションプラットフォーム「plusbenlly」のベータ版無料公開を開始した。 【テーマ】 ・IoTからビジネスを生み出すためには、業界横断した「真結合」が必要 ・plusbenllyは何が画期的なのか? ・個人情報の取り扱いはどうなる? ・企業をまたいだオープンイノベーションの推進は簡単ではない

関連用語・タグ

サポートベクターマシン(Support Vector Machine)

  • 用語集

「サポートベクターマシン(SVM:Support Vector Machine)」は、 画像・音声などの情報データから、意味を持つ対象を選別して取り出すパターン認識手法のひとつ。

ボット(bot)

  • 用語集

「ボット (bot) 」とは、「ロボット」の略称であり、もともと人間がコンピュータを操作して行う処理を自動的に実行するアプリケーションを指す。

営業()

  • タグ

IoT(モノのインターネット:Internet of Things)

「IoT」とは、従来はコンピュータやサーバなどの情報・通信機器だけに接続されていたインターネットを、世の中に存在する様々な物体(モノ)に接続して自動認識や自動制御、遠隔計測などを行う技術。

因子分析(Factor Analysis)

  • 用語集

多変量解析の手法のひとつであり、多変量データに潜む共通因子を探り出す。

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter