マインドコマース、ビッグデータ市場:ビジネス事例、市場分析調査レポートを出版。

Analytics News(アナリティクスニュース)

マインドコマース、ビッグデータ市場:ビジネス事例、市場分析調査レポートを出版。

TOPICS 2016年12月9日 10:00

マインドコマース、ビッグデータ市場:ビジネス事例、市場分析調査レポートを出版。

アメリカ市場調査会社マインドコマース(Mind Commerce)が、調査レポート「ビッグデータ市場:ビジネス事例、市場分析、予測 2016 - 2021年」を出版した。

世界のビッグデータ市場を調査し、ビジネス事例などを詳述。

マインドコマースは、ネットワークインフラ、Eコマース、オンラインコンテンツ、アプリケーションなど、有線と無線の両方の通信市場を広範かつ詳細に調査・分析を行ったレポートを数多く出版する米国の調査会社。

同レポートは、世界のビッグデータ市場を詳細に調査し、ビジネス事例、アプリケーションの利用事例、ベンダの概要、バリューチェーン分析、ケーススタディについて詳述し、2016-2021年の市場を予測している。

目次(抜粋)
・ビッグデータ技術とビジネス事例
・ビッグデータの主要投資先分野
・ビッグデータのバリューチェーン
・ビッグデータの解析
・ビッグデータの標準化と法規制のイニシアチブ
・ビッグデータの世界市場と市場予測
・ビッグデータ市場の主要企業

以上、下記URLからの要約
http://www.dri.co.jp/auto/report/mindc/mcbigdatabiz.html

最新TOPICS

【AI】三井住友銀行、AIによる効率化計画で約4000人の配置換え---「手数料ビジネスの終焉」「ハンコを押すだけの人はもういらない」「まず中間管理職が用済みに」(2017年06月22日 10:03)

三井住友銀行の今後3年間の計画 ・全店舗をペーパーレス化 ・相談業務を中心とする次世代型の店舗に ・事務作業は事務センターに集約 ・AIなどを使って作業の効率化 ・約4000人を新たな事業部門に移す 【テーマ】 ・超優秀なAIに仕事を奪われる ・コスト削減しか道はない ・手数料ビジネスの終焉 ・ローンの審査もAIで ・ハンコを押すだけの人はもういらない ・まず中間管理職...

関連用語・タグ

ビッグデータ(Big Data)

ビッグデータの定義には、量的な側面と質的な側面が存在する。量的な側面としては、一般的なデータベースソフトウェアが把握し、蓄積し、運用し、分析できる能力を超えたサイズのデータを指す。全世界で1年間に発生するデータ量がゼタバイトの域に達している2015年現在は、テラバイトからペタバイトのデータ量に対してビッグデータと呼ぶ。

サイバーフィジカルシステム(Cyber-Physical System)

  • 用語集

これまで「経験と勘」に頼っていた事象を効率化し、より高度な社会を実現するためのサービスおよびシステム。

相関分析(Correlation Analysis)

  • 用語集

2つないし2つ以上の変量の間で、一方の変量が変化すると他方もそれに応じて変化する相関関係を統計的に分析する分析手法である。

データウェアハウス(Data Warehouse)

  • 用語集

「データウェアハウス(data warehouse)」とは、企業の意志決定のため、目的別に編成、統合され、なおかつ時系列で削除や更新をしないデータの集合体を指す。具体的には、複数の基幹システムからトランザクションを抽出して、再構成・再蓄積したデータの集合体を意味する。

相関関係()

  • 用語集

一方の値が変化すれば、他方の値も変化するという、2つの値の関連性を指す。

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter