DLE, ディープラーニング技術を要するAI開発専門会社と業務提携。

Analytics News(アナリティクスニュース)

DLE, ディープラーニング技術を要するAI開発専門会社と業務提携。

TOPICS 2016年12月21日 10:00

DLE, ディープラーニング技術を要するAI開発専門会社と業務提携。

「鷹の爪団」など人気キャラクターを提供するコンテンツプロデュース企業、株式会社DLE(ディー・エル・イー)が、AI開発を専門に行う9DWとの戦略的業務提携を発表した。9DWは神経進化型代理知性システム「HiMICO」を独自に開発し、様々な提案・開発・運用を提供している。9DWは、AI技術レベル4(ディープラーニング)に達している。

エンタテインメント✕ディープラーニングという夢のコラボ。

これまでもDLEはフラッシュアニメを含め、二次元コンテンツをさまざまなテクノロジーと融合させることで、ユニークな基軸からコンテンツを世に送り出してきた。

今回の9DWとの提携により、ディープラーニングを含めたAIテクノロジーとDLEの制作システムを融合させることが可能になった。今後、従来の定石を覆す高精度かつ高速なコンテンツ制作展開が期待されている。

またマーケティングサービスにおいてもAIを活用することで、動画プロモーションをより高精度かつ高速に提供することや、AIエンジンそのものをサービスに組み込んだ全く新しいプロモーション提案が可能になるとしている。

コンテンツを提供する国内エンタテインメント業界で、ディープラーニングを本格採用するのは、今回が初めての試みとなる。ディープラーニングを活用することで、エンタメ業界がどのように進化するのか、各界からの注目が集まっている。

 

以上、下記URLからの要約
https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201612050279

最新TOPICS

【ビッグデータ】日立+東大+産総研、移動体ビッグデータアクセス仕様「Moving Features Access」が国際標準採択(2017年03月27日 10:03)

日立製作所、東京大学、国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)は、3月13日、 データアクセス仕様「Moving Features Access」が、地理空間情報国際標準化団体「Open Geospatial Consortium」の国際標準として採択されたと発表した。 【ポイント】 ・「Moving Features Access」=位置情報へのデータアクセス仕様 ・移動体(人/...

関連用語・タグ

クラウド・コンピューティング(Cloud Computing)

  • 用語集

「クラウド・コンピューティング」とは、データを、パソコンや携帯端末ではなく、インターネット上に保存する使い方やサービス。

Apache Spark(アパッチ スパーク)

  • 用語集

「Apache Spark(アパッチ スパーク)」は、ビッグデータを複数のマシンに分散して高速に処理できる、オープンソースの分散処理プラットフォームである。

非構造化データ()

  • 用語集

「非構造化データ」とは、企業の基幹システムに保管されている構造化データに対し、日常業務で増える電子文書や紙文書、写真、動画、音声、Webコンテンツなど構造化されていないデータを指す。

通信()

  • タグ

主成分分析(Principal Component Analysis)

  • 用語集

ビッグデータをはじめとした多変量データを統合し新たな総合指標を作り出し、多くの変数にウェイトをつけて少数の合成変数を作る統計手法である。

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter