アウディAG、ディープラーニングによる自動パーキングを実演。

Analytics News(アナリティクスニュース)

アウディAG、ディープラーニングによる自動パーキングを実演。

TOPICS 2016年12月23日 10:00

アウディAG、ディープラーニングによる自動パーキングを実演。

2016年12月上旬にバルセロナで開催されたイベント「神経情報処理システム(NIPS)」において、アウディAGが、クルマ自身がパーキングの方法を学んでいくディープラーニング搭載車を紹介した。

人工知能をテーマとした世界でもっとも重要な専門家会議と言われるNIPSでは、例年、機械学習とコンピューター神経科学の分野で、さまざまな成果が紹介されてきた。今回は、アウディが初めてディープラーニングに関わる自らの専門的ノウハウを披露している。

ディープラーニング搭載車は2017年発売予定。

アウディAGは、8分の1スケールのモデルカーによる「Audi Q2ディープラーニング コンセプト」を会場に持ち込み、人工知能を使った自動パーキングのデモンストレーションを行った。広さ3×3メートルのスペースで、テスト専用のモデルカーが、金属フレームで囲まれた適切な駐車スペースを探って発見し、外部の助けなしにパーキング作業を完了させる。

「Audi Q2ディープラーニング コンセプト」には、前方と後方に単機能カメラと、車体を取り巻くように取り付けられた合計10の超音波センサーからなるセンサーシステムが搭載されている。そこからのデータを、車載のセントラルコンピューターが分析して、ステアリングや電気モーターを動かすシグナルに変換し、移動可能なフィールドのなかで、システムは最初に、駐車スペースと自車の位置関係を把握する。

同社は、画像認識の分野で世界をリードするMobileye(モービルアイ)をパートナー企業のひとつとして選び、互いの企業のノウハウを交換しあいながら、ディープラーニングのテクノロジーを基にした環境認識システムのソフトウェアを、共同で開発した成果の現れ。なおアウディはこのソフトウェアを、2017年に発売する新型Audi A8の「セントラル ドライバーアシスタンス コントローラー」(zFAS)において、初採用する予定である。

以上、下記URLからの要約
http://motorcars.jp/audi-ag-demonstrates-automatic-parking-by-artificial-intelligences-deep-learning20161207

最新TOPICS

【AI】AI国内市場予測---「AI導入検討中=17.9%」「年平均20.4%で成長」「米独市場と比べて高い成長率を維持」(2017年05月25日 10:03)

MM総研がAI国内市場予測を発表した。 【ポイント】 日本企業 ・人工知能(AI)をビジネスに導入している=1.8% ・導入検討中=17.9% AIの国内市場規模 ・2016年度=2220億円(前年度比約2倍) AIの国内市場規模成長予測 ・年平均20.4%で成長 ・2021年には5610億円に達する予測 ・米独市場と比べて高い成長率を維持

関連用語・タグ

シンギュラリティ(Technological Singularity)

  • 用語集

シンギュラリティ(Technological Singularity:技術的特異点)とは、未来研究において、過去の歴史から今後の人類の技術開発の推測して得られる未来の正確かつ信頼できる限界点を指す。

非構造化データ()

  • 用語集

「非構造化データ」とは、企業の基幹システムに保管されている構造化データに対し、日常業務で増える電子文書や紙文書、写真、動画、音声、Webコンテンツなど構造化されていないデータを指す。

営業()

  • タグ

IoT(モノのインターネット:Internet of Things)

「IoT」とは、従来はコンピュータやサーバなどの情報・通信機器だけに接続されていたインターネットを、世の中に存在する様々な物体(モノ)に接続して自動認識や自動制御、遠隔計測などを行う技術。

通信()

  • タグ

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter