アウディAG、ディープラーニングによる自動パーキングを実演。

Analytics News(アナリティクスニュース)

アウディAG、ディープラーニングによる自動パーキングを実演。

TOPICS 2016年12月23日 10:00

アウディAG、ディープラーニングによる自動パーキングを実演。

2016年12月上旬にバルセロナで開催されたイベント「神経情報処理システム(NIPS)」において、アウディAGが、クルマ自身がパーキングの方法を学んでいくディープラーニング搭載車を紹介した。

人工知能をテーマとした世界でもっとも重要な専門家会議と言われるNIPSでは、例年、機械学習とコンピューター神経科学の分野で、さまざまな成果が紹介されてきた。今回は、アウディが初めてディープラーニングに関わる自らの専門的ノウハウを披露している。

ディープラーニング搭載車は2017年発売予定。

アウディAGは、8分の1スケールのモデルカーによる「Audi Q2ディープラーニング コンセプト」を会場に持ち込み、人工知能を使った自動パーキングのデモンストレーションを行った。広さ3×3メートルのスペースで、テスト専用のモデルカーが、金属フレームで囲まれた適切な駐車スペースを探って発見し、外部の助けなしにパーキング作業を完了させる。

「Audi Q2ディープラーニング コンセプト」には、前方と後方に単機能カメラと、車体を取り巻くように取り付けられた合計10の超音波センサーからなるセンサーシステムが搭載されている。そこからのデータを、車載のセントラルコンピューターが分析して、ステアリングや電気モーターを動かすシグナルに変換し、移動可能なフィールドのなかで、システムは最初に、駐車スペースと自車の位置関係を把握する。

同社は、画像認識の分野で世界をリードするMobileye(モービルアイ)をパートナー企業のひとつとして選び、互いの企業のノウハウを交換しあいながら、ディープラーニングのテクノロジーを基にした環境認識システムのソフトウェアを、共同で開発した成果の現れ。なおアウディはこのソフトウェアを、2017年に発売する新型Audi A8の「セントラル ドライバーアシスタンス コントローラー」(zFAS)において、初採用する予定である。

以上、下記URLからの要約
http://motorcars.jp/audi-ag-demonstrates-automatic-parking-by-artificial-intelligences-deep-learning20161207

最新TOPICS

【ビッグデータ】日立+東大+産総研、移動体ビッグデータアクセス仕様「Moving Features Access」が国際標準採択(2017年03月27日 10:03)

日立製作所、東京大学、国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)は、3月13日、 データアクセス仕様「Moving Features Access」が、地理空間情報国際標準化団体「Open Geospatial Consortium」の国際標準として採択されたと発表した。 【ポイント】 ・「Moving Features Access」=位置情報へのデータアクセス仕様 ・移動体(人/...

関連用語・タグ

サポートベクターマシン(Support Vector Machine)

  • 用語集

「サポートベクターマシン(SVM:Support Vector Machine)」は、 画像・音声などの情報データから、意味を持つ対象を選別して取り出すパターン認識手法のひとつ。

因子分析(Factor Analysis)

  • 用語集

多変量解析の手法のひとつであり、多変量データに潜む共通因子を探り出す。

通信()

  • タグ

ロボット(Robot)

組み込みシステムの一種。人間と同等、またはそれ以上の作業を自律的に行う装置、もしくは機械。

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter