アウディAG、ディープラーニングによる自動パーキングを実演。

Analytics News(アナリティクスニュース)

アウディAG、ディープラーニングによる自動パーキングを実演。

TOPICS 2016年12月23日 10:00

アウディAG、ディープラーニングによる自動パーキングを実演。

2016年12月上旬にバルセロナで開催されたイベント「神経情報処理システム(NIPS)」において、アウディAGが、クルマ自身がパーキングの方法を学んでいくディープラーニング搭載車を紹介した。

人工知能をテーマとした世界でもっとも重要な専門家会議と言われるNIPSでは、例年、機械学習とコンピューター神経科学の分野で、さまざまな成果が紹介されてきた。今回は、アウディが初めてディープラーニングに関わる自らの専門的ノウハウを披露している。

ディープラーニング搭載車は2017年発売予定。

アウディAGは、8分の1スケールのモデルカーによる「Audi Q2ディープラーニング コンセプト」を会場に持ち込み、人工知能を使った自動パーキングのデモンストレーションを行った。広さ3×3メートルのスペースで、テスト専用のモデルカーが、金属フレームで囲まれた適切な駐車スペースを探って発見し、外部の助けなしにパーキング作業を完了させる。

「Audi Q2ディープラーニング コンセプト」には、前方と後方に単機能カメラと、車体を取り巻くように取り付けられた合計10の超音波センサーからなるセンサーシステムが搭載されている。そこからのデータを、車載のセントラルコンピューターが分析して、ステアリングや電気モーターを動かすシグナルに変換し、移動可能なフィールドのなかで、システムは最初に、駐車スペースと自車の位置関係を把握する。

同社は、画像認識の分野で世界をリードするMobileye(モービルアイ)をパートナー企業のひとつとして選び、互いの企業のノウハウを交換しあいながら、ディープラーニングのテクノロジーを基にした環境認識システムのソフトウェアを、共同で開発した成果の現れ。なおアウディはこのソフトウェアを、2017年に発売する新型Audi A8の「セントラル ドライバーアシスタンス コントローラー」(zFAS)において、初採用する予定である。

以上、下記URLからの要約
http://motorcars.jp/audi-ag-demonstrates-automatic-parking-by-artificial-intelligences-deep-learning20161207

最新TOPICS

【AI】三井住友銀行、AIによる効率化計画で約4000人の配置換え---「手数料ビジネスの終焉」「ハンコを押すだけの人はもういらない」「まず中間管理職が用済みに」(2017年06月22日 10:03)

三井住友銀行の今後3年間の計画 ・全店舗をペーパーレス化 ・相談業務を中心とする次世代型の店舗に ・事務作業は事務センターに集約 ・AIなどを使って作業の効率化 ・約4000人を新たな事業部門に移す 【テーマ】 ・超優秀なAIに仕事を奪われる ・コスト削減しか道はない ・手数料ビジネスの終焉 ・ローンの審査もAIで ・ハンコを押すだけの人はもういらない ・まず中間管理職...

関連用語・タグ

ディープラーニング(Deep Learning)

  • 用語集

「ディープラーニング(Deep Learning:深層学習)」とは、コンピュータによる機械学習の1種であり、人間の脳の階層構造をコンピュータで再現しようと言うアイデアに基づいた「ニューラルネットワーク」を改良し、画像や音声などの認識や、自動運転などの複雑な判断を可能にする。

ビッグデータ(Big Data)

ビッグデータの定義には、量的な側面と質的な側面が存在する。量的な側面としては、一般的なデータベースソフトウェアが把握し、蓄積し、運用し、分析できる能力を超えたサイズのデータを指す。全世界で1年間に発生するデータ量がゼタバイトの域に達している2015年現在は、テラバイトからペタバイトのデータ量に対してビッグデータと呼ぶ。

クロス集計()

  • 用語集

2~3種類の情報に限定してデータの分析や集計を行なう手法。縦軸と横軸に項目を割り振り、特定の項目の相互関係を明らかにすることができる。

重回帰分析()

  • 用語集

多変量解析のひとつであり、あるデータをほかの複数のデータによって予測する分析手法である。

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter