東京電力、米企業と提携。IoTを活用して新電力事例を目指す。

Analytics News(アナリティクスニュース)

東京電力、米企業と提携。IoTを活用して新電力事例を目指す。

TOPICS 2016年12月28日 10:00

東京電力、米企業と提携。IoTを活用して新電力事例を目指す。

IoT・M2Mデータ管理ソフトウェアを開発・販売する米OSIsoft社と、東京電力ホールディングスが、産業向けIoT領域において提携した。OSIsoft社と包括的な戦略提携に合意したのは、国内電気事業者としては初めての事例となる。

今後、電気事業のさまざまなオペレーションと、同社の産業向けIoTのプラットフォーム等を融合させ、リアルタイム経営や業務効率化、新規事業の開発・推進に取り組むことを発表した。

国内初のIoT事例で電力のデジタル化を推進。

この提携によって、東京電力グループ各社が有する電力事業のビッグデータを集約しOSIsoft社が開発するIoT情報基盤のソフトウェアを利用しながら、電力事業のビッグデータを知的資産として活用。IoTの活用によるリアルタイムな経営判断や業務効率の向上につなげる。

また、OSIsoft社から、グローバルで先進的なIoTの活用事例やマーケティング情報を入手することで、さまざまな分野におけるIoTソリューションを新たに開発し国内外に展開する。この「TEPCOソリューション」を日本の電力業界、世界のエネルギー業界に展開することにより、新たな収益を確保するとともに、エネルギーシステム全体の効率化ならびにコスト低減を目指す考えだ。

東京電力ホールディングスは、11月にOSIsoft社と、IoT領域における包括的な戦略提携に合意した。また、こうした事例は、本年11月に経済産業省が設置した「電力インフラのデジタル化研究会(E-Tech研究会)」における議論とも方向性が一致したものであり、電力産業の競争力強化にも貢献できると説明している。

 

以上、下記URLからの要約
https://www.kankyo-business.jp/news/013991.php

最新TOPICS

【AI】三井住友銀行、AIによる効率化計画で約4000人の配置換え---「手数料ビジネスの終焉」「ハンコを押すだけの人はもういらない」「まず中間管理職が用済みに」(2017年06月22日 10:03)

三井住友銀行の今後3年間の計画 ・全店舗をペーパーレス化 ・相談業務を中心とする次世代型の店舗に ・事務作業は事務センターに集約 ・AIなどを使って作業の効率化 ・約4000人を新たな事業部門に移す 【テーマ】 ・超優秀なAIに仕事を奪われる ・コスト削減しか道はない ・手数料ビジネスの終焉 ・ローンの審査もAIで ・ハンコを押すだけの人はもういらない ・まず中間管理職...

関連用語・タグ

機械学習()

「機械学習」とは、人間が自然に行っている学習能力と同等の機能をコンピュータで実現しようとする技術や手法。データから反復的に学習しそこに潜むパターンを見つけ出す。

RFM分析()

  • 用語集

「RFM分析」とは、Recency、Frequency、Monetaryという3つの指標で顧客を並べ替え、グループ化した顧客の性質を明らかにする顧客分析の手法のひとつ。

重回帰分析()

  • 用語集

多変量解析のひとつであり、あるデータをほかの複数のデータによって予測する分析手法である。

ボット(bot)

  • 用語集

「ボット (bot) 」とは、「ロボット」の略称であり、もともと人間がコンピュータを操作して行う処理を自動的に実行するアプリケーションを指す。

電力()

  • タグ

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter