Javaで体験するディープラーニング。

Analytics News(アナリティクスニュース)

Javaで体験するディープラーニング。

TOPICS 2016年12月30日 10:00

Javaで体験するディープラーニング。

ディープラーニングは、画像認識の精度を飛躍的に向上させたのをはじめ、音声認識や機械翻訳など、さまざまな分野で、これまでにない精度を誇っている。

もちろんそれなりに難しい技術であるため、難しい数式や理論が先行し、挑戦してみたがよく分からなかったという声も多い。この第三次人工知能ブームの目玉ともいえるディープラーニングを、お手軽プログラミング言語JavaScriptで体験してみる。深層学習を実践するという点に限って言えば、データを入れて、パラメータを調整し、結果を観察するという、実にシンプルなものだからだ。

ディープラーニングの応用範囲は、ますます広がっている。

ディープラーニングとは、「人間の神経回路の構造を再現したニューラルネットワークを複数重ねて、より精度を高めたもの」であり、人間の脳をコンピューター上でシミュレーションすることにより、さまざまな問題を解決しようというモデルである。

そもそもコンピューターにデータを与えて、より正確な出力ができるように訓練することを「機械学習」と呼ぶ。つまり、ディープラーニングやニューラルネットワークは、機械学習の一種である。

機械学習が行う、入力データを元にパラメータを調節し、正しい結果を出力する構造は、あたかも人間が無意識に行っている学習能力に近いものと考えることができる。

機械学習では、現実にある、さまざまな問題を解くことが可能となる。たくさんの文字画像を学習させたい場合は、画像認識を行うことができ、たくさんの動物の画像を学習させたい場合は、画像に写った動物が何かを当てる物体認識を行うことができる。また、画像ではなく大量のニュースデータとそのカテゴリを与えれば、それが経済ニュースなのか、IT系のニュースか、芸能ニュースかを自動判定することもできる。このようにディープラーニングを含めた機械学習の適用範囲はますます広がっており、用途はアイデア次第と言える。

以上、下記URLからの要約
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/112000106/111100057/

最新TOPICS

【ビッグデータ】日立+東大+産総研、移動体ビッグデータアクセス仕様「Moving Features Access」が国際標準採択(2017年03月27日 10:03)

日立製作所、東京大学、国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)は、3月13日、 データアクセス仕様「Moving Features Access」が、地理空間情報国際標準化団体「Open Geospatial Consortium」の国際標準として採択されたと発表した。 【ポイント】 ・「Moving Features Access」=位置情報へのデータアクセス仕様 ・移動体(人/...

関連用語・タグ

Apache Hadoop(アパッチ ハドゥープ)

  • 用語集

「Apache Hadoop(アパッチ ハドゥープ)」とは、 ビッグデータを複数のマシンに分散して処理できる、オープンソースのプラットフォームである。

ウェアラブル(Wearable)

  • 用語集

「ウェアラブル」とは、直訳すると「身につけられる」といった意味であり、IT業界では主に「ウェアラブル コンピュータ」、または「ウェアラブルデバイス(Wearable Device:身につけられる装置)」の略称として使われる。

AI(artificial intelligence)

  • 用語集

「人工知能(AI)」とは、コンピュータ上などで人工的に人間と同様の知能を実現させようという試み、或いはそのための一連の基礎技術。

相関分析(Correlation Analysis)

  • 用語集

2つないし2つ以上の変量の間で、一方の変量が変化すると他方もそれに応じて変化する相関関係を統計的に分析する分析手法である。

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter