【AI】Googleの人工知能研究まとめ---「汎用人工知能」「Brainプロジェクト」「TPU(機械学習向け独自チップ)」

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI】Googleの人工知能研究まとめ---「汎用人工知能」「Brainプロジェクト」「TPU(機械学習向け独自チップ)」

TOPICS 2016年12月27日 10:03

【AI】Googleの人工知能研究まとめ---「汎用人工知能」「Brainプロジェクト」「TPU(機械学習向け独自チップ)」

Googleの人工知能研究まとめ。
「GoogleはAI翻訳の先に『汎用人工知能』を見据えている」としている。

【解説テーマ】
・AI翻訳の先にある汎用人工知能(AGI)の可能性
・伝説の社員の「20%プロジェクト」から始まったBrainプロジェクト
・見習いとして加わった機械学習分野の重鎮
・TPU(機械学習向け独自チップ)誕生の背景

(出所:http://japan.cnet.com/sp/international_pickup/35094139/

最新TOPICS

【AI】クックパッド、「第1回AIチャレンジコンテスト」に協力---人工知能は「うどん」と「そうめん」を見分けられるのか?(2017年01月16日 10:03)

クックパッドが、 「第1回AIチャレンジコンテスト」に協力する。 【AIチャレンジコンテスト とは】 ・政府の人工知能技術戦略会議+内閣府+文部科学省が主催 ・AI技術を応用した画像認識コンテスト ・応募受付期間は3月9日まで クックパッドは、多種多様な盛り付け写真などを提供する。 (出所:https://internetcom.jp/202030/ai-udon-and...

関連用語・タグ

決定木分析()

  • 用語集

樹木状のモデルを使って要因を分析しその分析結果から境界線を探して予測を行う、データマイニングの手法のひとつ。

インメモリデータベース()

  • 用語集

データをストレージではなく、メインメモリ上に格納するよう設計されたデータベース。また、そのようなデータベースを構築・運用できるデータベース管理システム(DBMS)。「メインメモリデータベース(MMDB)」とも言う。

ビッグデータ(Big Data)

ビッグデータの定義には、量的な側面と質的な側面が存在する。量的な側面としては、一般的なデータベースソフトウェアが把握し、蓄積し、運用し、分析できる能力を超えたサイズのデータを指す。全世界で1年間に発生するデータ量がゼタバイトの域に達している2015年現在は、テラバイトからペタバイトのデータ量に対してビッグデータと呼ぶ。

ERP(イーアールピー)

  • 用語集

「ERP(Enterprise Resource Planning)」とは、企業における資源(人材、資金、設備、資材、情報など)を一元的に管理し、経営を支援するための手法。その手法のために利用される業務横断型ソフトウェアパッケージは、「ERPパッケージ」「統合基幹業務システム」「統合業務パッケージ」などと呼ばれている。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter