海外先進企業の事例に学ぶ、IoT活用方法。

Analytics News(アナリティクスニュース)

海外先進企業の事例に学ぶ、IoT活用方法。

TOPICS 2017年1月11日 10:00

海外先進企業の事例に学ぶ、IoT活用方法。

IoTを実務的なソリューションとして提供する海外企業の事例から、その動向を探る。

ジョニー・ウォーカー✕IoT。センサータグによる商品管理事例。

最初のIoT事例は、スコッチ・ウィスキーの世界的銘柄ジョニー・ウォーカーをはじめとした英国酒造メーカーDiageo(ディアジオ社)である。同社は、ジョニー・ウォーカーのウィスキーボトルをIoTとして活用した。

同社では、ボトルにセンサータグを取り付けることでボトルがIoTとして働き、その状態監視が可能となったのである。工場の製造・出荷段階からIoT化したボトルによる識別番号がつけられたことで、在庫管理が格段に効率化した。ボトルが工場にあるのか、店舗にあるのか、消費者に届けられたのか、あるいは、それ以外の場所にあるのかが、簡単に把握できるようになった。

このIoTを活用したウィスキーボトルは、在庫管理だけでなく、消費者にもメリットをもたらした。このIoTボトルは、開閉状態を感知できる。消費者が瓶を開封した後に、センサーをスマートフォンアプリで読み取ると、瓶の状態に応じて、最適なメッセージが消費者に届く仕組みが盛り込まれているのだ。

またこのIoT機能は品質管理にも役立つ。工場出荷段階で瓶が開かれた場合、異物混入などのリスクを検知できるからだ。ジョニー・ウォーカー事例が成功をおさめた同社では、そのほかの製品にもIoTを活用した「スマートボトル」を展開し、リアルタイムの商品情報解析を進める予定。

以上、下記URLからの要約
https://www.business-on-it.com/bigdata-iot-20161221/

最新TOPICS

【ビッグデータ】日立+東大+産総研、移動体ビッグデータアクセス仕様「Moving Features Access」が国際標準採択(2017年03月27日 10:03)

日立製作所、東京大学、国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)は、3月13日、 データアクセス仕様「Moving Features Access」が、地理空間情報国際標準化団体「Open Geospatial Consortium」の国際標準として採択されたと発表した。 【ポイント】 ・「Moving Features Access」=位置情報へのデータアクセス仕様 ・移動体(人/...

関連用語・タグ

マーケティングオートメーション(Marketing Automation)

  • 用語集

デジタルマーケティングのプロセスの一部を自動化するソリューションプラットフォームである。

回帰直線()

  • 用語集

「回帰直線」とは、最小二乗法によって求められる2組のデータにおける中心的な分布傾向を表す直線。

クロス集計()

  • 用語集

2~3種類の情報に限定してデータの分析や集計を行なう手法。縦軸と横軸に項目を割り振り、特定の項目の相互関係を明らかにすることができる。

重回帰分析()

  • 用語集

多変量解析のひとつであり、あるデータをほかの複数のデータによって予測する分析手法である。

デシル分析(Decile Analytics)

  • 用語集

「デシル分析(Decile Analytics)」とは、購買履歴データをもとに全顧客の購入金額を高い順に10等分し、各ランクの購入比率や売上高構成比などの有益な情報を得るための分析手法。

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter