海外先進企業の事例に学ぶ、IoT活用方法。

Analytics News(アナリティクスニュース)

海外先進企業の事例に学ぶ、IoT活用方法。

TOPICS 2017年1月11日 10:00

海外先進企業の事例に学ぶ、IoT活用方法。

IoTを実務的なソリューションとして提供する海外企業の事例から、その動向を探る。

ジョニー・ウォーカー✕IoT。センサータグによる商品管理事例。

最初のIoT事例は、スコッチ・ウィスキーの世界的銘柄ジョニー・ウォーカーをはじめとした英国酒造メーカーDiageo(ディアジオ社)である。同社は、ジョニー・ウォーカーのウィスキーボトルをIoTとして活用した。

同社では、ボトルにセンサータグを取り付けることでボトルがIoTとして働き、その状態監視が可能となったのである。工場の製造・出荷段階からIoT化したボトルによる識別番号がつけられたことで、在庫管理が格段に効率化した。ボトルが工場にあるのか、店舗にあるのか、消費者に届けられたのか、あるいは、それ以外の場所にあるのかが、簡単に把握できるようになった。

このIoTを活用したウィスキーボトルは、在庫管理だけでなく、消費者にもメリットをもたらした。このIoTボトルは、開閉状態を感知できる。消費者が瓶を開封した後に、センサーをスマートフォンアプリで読み取ると、瓶の状態に応じて、最適なメッセージが消費者に届く仕組みが盛り込まれているのだ。

またこのIoT機能は品質管理にも役立つ。工場出荷段階で瓶が開かれた場合、異物混入などのリスクを検知できるからだ。ジョニー・ウォーカー事例が成功をおさめた同社では、そのほかの製品にもIoTを活用した「スマートボトル」を展開し、リアルタイムの商品情報解析を進める予定。

以上、下記URLからの要約
https://www.business-on-it.com/bigdata-iot-20161221/

最新TOPICS

【AI】パナソニックのR&D戦略---AI技術者を「5年後には1000人体制」に拡大、新卒採用ではAI特別枠(2017年04月21日 10:03)

パナソニックは、同社グループのR&D戦略について説明した。 【ポイント】 ・AI技術者を「3年後には300人体制」「5年後には1000人体制」に拡大する計画 ・大阪大学と共同講座を開設して、社内のデジタル系技術者を育成 ・新卒採用においては、AIを特別枠として設置し、4月からその1期生が入社している 【テーマ】 ・パナソニックは約100年前にアントレプレナーが起業した ・AI...

関連用語・タグ

共分散構造分析(Covariance Structure Analysis)

  • 用語集

分析者が質問項目間の因果関係について仮説をたて、複数の構成概念間の関係を検証する統計的手法。

重回帰分析()

  • 用語集

多変量解析のひとつであり、あるデータをほかの複数のデータによって予測する分析手法である。

クラウド・コンピューティング(Cloud Computing)

  • 用語集

「クラウド・コンピューティング」とは、データを、パソコンや携帯端末ではなく、インターネット上に保存する使い方やサービス。

医療()

  • タグ

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter