海外先進企業の事例に学ぶ、IoT活用方法。

Analytics News(アナリティクスニュース)

海外先進企業の事例に学ぶ、IoT活用方法。

TOPICS 2017年1月11日 10:00

海外先進企業の事例に学ぶ、IoT活用方法。

IoTを実務的なソリューションとして提供する海外企業の事例から、その動向を探る。

ジョニー・ウォーカー✕IoT。センサータグによる商品管理事例。

最初のIoT事例は、スコッチ・ウィスキーの世界的銘柄ジョニー・ウォーカーをはじめとした英国酒造メーカーDiageo(ディアジオ社)である。同社は、ジョニー・ウォーカーのウィスキーボトルをIoTとして活用した。

同社では、ボトルにセンサータグを取り付けることでボトルがIoTとして働き、その状態監視が可能となったのである。工場の製造・出荷段階からIoT化したボトルによる識別番号がつけられたことで、在庫管理が格段に効率化した。ボトルが工場にあるのか、店舗にあるのか、消費者に届けられたのか、あるいは、それ以外の場所にあるのかが、簡単に把握できるようになった。

このIoTを活用したウィスキーボトルは、在庫管理だけでなく、消費者にもメリットをもたらした。このIoTボトルは、開閉状態を感知できる。消費者が瓶を開封した後に、センサーをスマートフォンアプリで読み取ると、瓶の状態に応じて、最適なメッセージが消費者に届く仕組みが盛り込まれているのだ。

またこのIoT機能は品質管理にも役立つ。工場出荷段階で瓶が開かれた場合、異物混入などのリスクを検知できるからだ。ジョニー・ウォーカー事例が成功をおさめた同社では、そのほかの製品にもIoTを活用した「スマートボトル」を展開し、リアルタイムの商品情報解析を進める予定。

以上、下記URLからの要約
https://www.business-on-it.com/bigdata-iot-20161221/

最新TOPICS

【IoT】NEC PC、IoTオープンイノベーションプラットフォーム「plusbenlly」のベータ版無料公開を開始---提携52社で始動、業界横断した「真結合」が必要(2017年07月21日 10:03)

NECパーソナルコンピュータは、7月19日、 IoTオープンイノベーションプラットフォーム「plusbenlly」のベータ版無料公開を開始した。 【テーマ】 ・IoTからビジネスを生み出すためには、業界横断した「真結合」が必要 ・plusbenllyは何が画期的なのか? ・個人情報の取り扱いはどうなる? ・企業をまたいだオープンイノベーションの推進は簡単ではない

関連用語・タグ

インメモリデータベース()

  • 用語集

データをストレージではなく、メインメモリ上に格納するよう設計されたデータベース。また、そのようなデータベースを構築・運用できるデータベース管理システム(DBMS)。「メインメモリデータベース(MMDB)」とも言う。

医療()

  • タグ

サポートベクターマシン(Support Vector Machine)

  • 用語集

「サポートベクターマシン(SVM:Support Vector Machine)」は、 画像・音声などの情報データから、意味を持つ対象を選別して取り出すパターン認識手法のひとつ。

ディープラーニング(Deep Learning)

  • 用語集

「ディープラーニング(Deep Learning:深層学習)」とは、コンピュータによる機械学習の1種であり、人間の脳の階層構造をコンピュータで再現しようと言うアイデアに基づいた「ニューラルネットワーク」を改良し、画像や音声などの認識や、自動運転などの複雑な判断を可能にする。

クラスター分析(Cluster analysis)

  • 用語集

異なる性質のものが混ざりあっている集合体から互いに似たものを集めてグループ(Cluster)を作り、対象を分析する手法。

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter