【AI】2017年AIトレンド---「深層強化学習」「敵対的生成ネットワーク」「AIのネガティブ面」

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI】2017年AIトレンド---「深層強化学習」「敵対的生成ネットワーク」「AIのネガティブ面」

TOPICS 2017年1月11日 10:03

【AI】2017年AIトレンド---「深層強化学習」「敵対的生成ネットワーク」「AIのネガティブ面」

2017年の「AI分野注目ポイント」を解説。

【テーマ】
・「深層強化学習」と「敵対的生成ネットワーク」に注目
・AIのネガティブな面も出始める
・中国の台頭
・AIの活用を図る企業ユーザー

(出所:http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/column/infostand/1038169.html

最新TOPICS

【AI】人工知能が「人工知能プログラム」を作成し始めた---Google Brainプロジェクトなどで確認、現状ではかなりの費用がかかる(2017年01月23日 10:03)

MITのレポートによると、 人工知能が人工知能プログラムを作成するようになってきている。 【ポイント】 ・Google Brainプロジェクトなどで確認 ・「人工知能が作成した人工知能プログラム」は、人間が開発したプロダクトと同等、または、上回っていた ・ただし、画像処理プロセッサを800台も協調作動させる必要がある (出所:http://jp.techcrunch.com/2...

関連用語・タグ

クラウド・コンピューティング(Cloud Computing)

  • 用語集

「クラウド・コンピューティング」とは、データを、パソコンや携帯端末ではなく、インターネット上に保存する使い方やサービス。

コレスポンデンス分析()

  • 用語集

「コレスポンデンス分析」(Correspondence Analysis)とは、類似した項目を明らかにするため、各項目を数値化する分析手法である。

通信()

  • タグ

ビッグデータ(Big Data)

ビッグデータの定義には、量的な側面と質的な側面が存在する。量的な側面としては、一般的なデータベースソフトウェアが把握し、蓄積し、運用し、分析できる能力を超えたサイズのデータを指す。全世界で1年間に発生するデータ量がゼタバイトの域に達している2015年現在は、テラバイトからペタバイトのデータ量に対してビッグデータと呼ぶ。

R(アール)

  • 用語集

「R」を用いることで、クロス集計や回帰分析、クラスター分析、シミュレーションなどの基本的な統計分析が可能となる。またオープンソースとしてだけでなく、パッケージを導入することで最新の分析手法を実行することもできる。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter