【AI】三井住友銀行の「Watson」導入成果---顧客照会1件あたりコストが60円削減、新人オペレーターの離職率が48%減少

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI】三井住友銀行の「Watson」導入成果---顧客照会1件あたりコストが60円削減、新人オペレーターの離職率が48%減少

TOPICS 2017年5月8日 10:03

【AI】三井住友銀行の「Watson」導入成果---顧客照会1件あたりコストが60円削減、新人オペレーターの離職率が48%減少

日本IBMが開催した「IBM Watson Summit」にて、
三井住友銀行の谷崎氏が、「Watson」導入成果や、クラウドへの取り組みを紹介した。

【ポイント】
・2014年にコールセンターへWatsonを部分導入
・2016年10月から全席で利用
・回答精度向上
・顧客照会1件あたりのコストが60円削減
・新人オペレーターの離職率が48%減少

最新TOPICS

【AI】AI国内市場予測---「AI導入検討中=17.9%」「年平均20.4%で成長」「米独市場と比べて高い成長率を維持」(2017年05月25日 10:03)

MM総研がAI国内市場予測を発表した。 【ポイント】 日本企業 ・人工知能(AI)をビジネスに導入している=1.8% ・導入検討中=17.9% AIの国内市場規模 ・2016年度=2220億円(前年度比約2倍) AIの国内市場規模成長予測 ・年平均20.4%で成長 ・2021年には5610億円に達する予測 ・米独市場と比べて高い成長率を維持

関連用語・タグ

教育()

  • タグ

RFM分析()

  • 用語集

「RFM分析」とは、Recency、Frequency、Monetaryという3つの指標で顧客を並べ替え、グループ化した顧客の性質を明らかにする顧客分析の手法のひとつ。

ETL(イーティーエル)

  • 用語集

「ETL(Extract Transform Load)」とは、外部の情報源からデータを抽出(Extract)し、データウェアハウスなどで利用しやすい形に変換・加工(Transform)し、データベースに書き出す(Load)までの一連の工程である。これらの処理を支援するツールを「ETLツール」と呼ぶ。

回帰分析()

  • 用語集

「回帰分析」とは、2つの変数から相関関係や因果関係を導き出すために、一方の変数から将来的な値を予測するための予測式(回帰直線)を求める手法。

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter