製造・物流・サービス・農業・医療分野におけるアメリカロボット活用事例

Analytics News(アナリティクスニュース)

製造・物流・サービス・農業・医療分野におけるアメリカロボット活用事例

TOPICS 2017年5月19日 10:00

製造・物流・サービス・農業・医療分野におけるアメリカロボット活用事例

サンフランシスコの人工知能スタートアップで活躍するロボットエンジニア・河本 和宏氏が、アメリカのロボットトレンドと、製造・物流・サービス・農業・医療各分野におけるロボット活用事例をレポートする。

製造分野における協働ロボット事例。

製造業におけるイノベータとしては、協働ロボットを開発するRethink Roboticsのロボット事例がある。同社はiRobot創業者で元MIT教授のRodney Brooks氏によって2008年に設立され、協働ロボットのパイオニアとして製品を送り出してきた。双腕のBaxterに続き、2016年には片腕でより小型のSawyerをラインナップに追加している。

物流分野における、倉庫の自動化率を高めるロボット事例。

成長著しい物流分野では、自律移動ロボットによる物流センターの自動化・省人化を目指すAmazon Robotics(旧Kiva Systems)、Locus Robotics、Fetch Robotics、RightHand Robotics、Universal Logic、6 River Systems、Kinema Systemsなどが鍵を握る。 Amazonの事例では自律移動ロボットの導入による倉庫のスループット向上とコスト削減を進めており、倉庫の自動化率を高めている。

ルームサービスのリクエストに応える自律移動ロボット事例。

自律移動ロボットを工場内や倉庫内ではなく、より日常生活に近いシーンで一般人と接する使われ方が提案されている例としてSaviokeとSimbe Roboticsがある。Saviokeの事例ではホテルで宿泊客からのルームサービスのリクエストに応える配達ロボットを活用している。

そのほか、農機にディープラーニングの仕組みを取り入れるスタートアップ企業の事例、自動運転事例、医療の現場のロボット導入事例についても詳細なレポートをしている。

以上、下記URLからの要約
http://www.sbbit.jp/article/cont1/33438

最新TOPICS

【AI】AI国内市場予測---「AI導入検討中=17.9%」「年平均20.4%で成長」「米独市場と比べて高い成長率を維持」(2017年05月25日 10:03)

MM総研がAI国内市場予測を発表した。 【ポイント】 日本企業 ・人工知能(AI)をビジネスに導入している=1.8% ・導入検討中=17.9% AIの国内市場規模 ・2016年度=2220億円(前年度比約2倍) AIの国内市場規模成長予測 ・年平均20.4%で成長 ・2021年には5610億円に達する予測 ・米独市場と比べて高い成長率を維持

関連用語・タグ

農業()

  • タグ

ロジスティック回帰分析(Logistic regression)

  • 用語集

多変量解析の一種である。線形回帰分析が量的変数を予測するのに対して、ロジスティック回帰分析は質的確率を予測する。

R(アール)

  • 用語集

「R」を用いることで、クロス集計や回帰分析、クラスター分析、シミュレーションなどの基本的な統計分析が可能となる。またオープンソースとしてだけでなく、パッケージを導入することで最新の分析手法を実行することもできる。

クリックストリームデータ()

  • 用語集

Web サイトやオンライン・ショップにおける訪問者のアクセス・ログである。Web サイトやオンライン・ショップにアクセスした訪問者が、どのような順番に従ってWebサイト内を移動したのかという一連の履歴がわかる。来訪者はリンクをクリックしてサイト内を移動するため、「クリックの流れ」とも呼ばれる。

機械学習()

「機械学習」とは、人間が自然に行っている学習能力と同等の機能をコンピュータで実現しようとする技術や手法。データから反復的に学習しそこに潜むパターンを見つけ出す。

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter