組み込みシステムの一種。人間と同等、またはそれ以上の作業を自律的に行う装置、もしくは機械。

ロボット(Robot)とは

組み込みシステムの一種。人間と同等、またはそれ以上の作業を自律的に行う装置、もしくは機械。

ロボット(Robot)」とは、組み込みシステムの一種。人間と同等、またはそれ以上の作業を自律的に行う装置、もしくは機械。ロボットのなかでも、なかば自立した移動端末に対しては「ドローン」と呼ぶ。

機械としてのロボットは、産業、軍事、生活家電といった各種用途に向けて、ある程度自律的に連続作業を行う型と、Pepper(ソフトバンク)やAIBO(ソニー)のように人や動物に近い形や機能を要するサービス提供型に大別される。

日本工業規格(JIS)の「JIS B 0134」では、産業用ロボットを「自動制御によるマニピュレーション機能または移動機能を持ち、各種の作業をプログラムにより実行でき、産業に使用される機械」と定義している。

一方、経済産業省ロボット政策研究会では、「センサー」「知能・制御系」「駆動系」の3要素の技術があるものを「ロボット」と定め、次世代型ロボットについては次のように定義している。

(1)次世代産業用ロボット
多品種変量生産の現場で、人間の代わりとして、または、人間と協調して働くことができる。
(2)サービスロボット
清掃、警備、福祉、生活支援、アミューズメントなど多様な用途に関し、サービス事業や家庭等の場において、人間と共存しつつサービスを提供する。

以上のように、日進月歩する技術革新の中枢にいるロボットの明確な定義は、いまだ正確には定まっていない。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/560135/092200048/?rt=nocnt
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/0907/17/news111.html

ロボット最新TOPICS

製造・物流・サービス・農業・医療分野におけるアメリカロボット活用事例(2017年05月19日 10:00)

サンフランシスコの人工知能スタートアップで活躍するロボットエンジニア・河本 和宏氏が、アメリカのロボットトレンドと、製造・物流・サービス・農業・医療各分野におけるロボット活用事例をレポートする。

製造分野における協働ロボット事例。

製造業におけるイノベータとしては、協働ロボットを開発するRethink Robo...

イベント情報

  • KSKサイド005
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter