日立キャピタルと日立ハイテクグループ、「IoT活用型ファイナンスサービス」の提供を開始

Analytics News(アナリティクスニュース)

日立キャピタルと日立ハイテクグループ、「IoT活用型ファイナンスサービス」の提供を開始

TOPICS 2016年1月8日 10:00

日立キャピタルと日立ハイテクグループ、「IoT活用型ファイナンスサービス」の提供を開始

日立キャピタル株式会社と株式会社日立ハイテクソリューションズは業務協定を締結し、2016年1月より、顧客の課題解決に向けたIoT活用型ファイナンスサービスの提供を開始する。

エンドユーザーの経営サポートを行う従量課金ファイナンスサービスを提供する日立キャピタルとIoTビジネスを展開してきた日立ハイテクソリューションズは、リースやアセットマネジメント、保険などの金融サービス機能とIoTプラットフォームを組み合わせ、産業・工作機械や医療機器、省エネ設備、理化学・検査装置、半導体製造装置などの機械・設備を対象とするIoT活用型従量課金ファイナンスサービスを構築した。

キャッシュフローの軽減や、設備入れ替え時期の最適化などを一括提供

 

本サービスでは、IoTによって取得した客観的な装置データを活用することで、装置のエンドユーザーに対し、稼働状況に応じたコストの最適化やキャッシュフローの軽減を実現する。また機械・設備などに関するリモートや予防保全などが可能となることで、装置メーカーからエンドユーザーに向けて、設備入れ替え時期の最適化といった付加価値サービスも提供する。日立キャピタルが、IoTクラウドサービスと従量課金ファイナンスサービスをパッケージ化し、ソリューションとして一括提供される。

(source)
以上、下記URLからの要約。
http://www.hitachi-hightech.com/jp/about/news/2015/nr20151208.html/

最新TOPICS

【IoTで空港を快適に】スイスのジュネーブ空港「乗客が行列に並ぶ時間を半減」「業績を前年度の5倍以上にアップ」に成功---BluetoothとWi-Fiセンサーを活用(2016年06月21日 10:03)

スイス国内で2番目に利用者数の多いジュネーブ空港は、 「乗客が行列に並ぶ時間を半減」「業績を前年度の5倍以上にアップ」に成功している。 【改善方法】 ・施設内でBluetoothとWi-Fiセンサーを活用 ・乗客のリアルタイム計測/高度データ分析 ・空港スタッフ数の最適化 ・セキュリティチェックの可視化 ・Wi-Fiセンサーは空港内各所に設置  →行列に並んでいる人数/待ち時間...

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

無料資料プレゼント

ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

企業の認証基盤は、クラウド(IDaaS)でここまでできる ~完全テレワークに備え、SaaSだけでなく、社内ADや社内業務システムと、認証連携、ID連携する~

マルチクラウドで高まる、暗号鍵漏洩の危険性

Amazon WorkSpaces で解決する、テレワークのセキュリティ問題 ~テレワーク手法の比較/VPN/RDS(リモートデスクトップ)/VDI(デスクトップ仮想化)~

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter