北京環境保護局、大気汚染対策としてビッグデータ活用

Analytics News(アナリティクスニュース)

北京環境保護局、大気汚染対策としてビッグデータ活用

TOPICS 2016年1月22日 10:00

北京環境保護局、大気汚染対策としてビッグデータ活用

中国北京市の環境保護局の技術者チームが、同市の大気汚染状況を監視する巨大な汎用コンピューターの管理に当たっている。大気汚染対策に苦慮する中国は、ビッグデータを活用して、近い将来には汚染物質を排出しそうな工場を予測し閉鎖するというのが、その目的。

この大型コンピューターは、各工場の赤外分析データやソーシャルメディアへの投稿まで、ありとあらゆる要素を利用し、最大1平方キロの解像度で、3日間の大気汚染状況を予報するとともに、最高10日先までの傾向をはじき出すことができる。

プログラムは米コンピューター大手IBMが開発したものを使用しており、ドローン(小型無人機)や衛星、リモートセンサーといったハイテクを使った方策の一つとされている。

大気汚染予報の的中率は、いまのところ75%。

同国では、防犯カメラがいたるところに設置され、共産党当局が広範な市民監視システムを展開しているが、汚染に関する正確な情報は十分に把握されていないのが現状。結果、北京とその周辺の自治体はスモッグ対策の「合同防御・制御ができていない」という状況が生まれている。悪質な企業は「こっそり排出・廃棄」を行っていると、早期警告システムの開発企業、エンカンウェル(Encanwell)のチェン・ローン(Chen Long)CEOは語る。

開発者らによると、IBMのソフトウエアを使った10日間予報の的中率はこれまでのところ75%だという。しかし、北京で冬季五輪が開催される2022年までにはこの技術が「経済活動や市民の日常生活への影響は最小限に抑えながら、最大限の効果で、ある特定の場所と時刻における特定の活動を対象にできること」を願っていると言う。

(source)
以上、下記URLからの要約。
http://www.afpbb.com/articles/-/3071016?cx_part=txt_topics

最新TOPICS

【IoTで空港を快適に】スイスのジュネーブ空港「乗客が行列に並ぶ時間を半減」「業績を前年度の5倍以上にアップ」に成功---BluetoothとWi-Fiセンサーを活用(2016年06月21日 10:03)

スイス国内で2番目に利用者数の多いジュネーブ空港は、 「乗客が行列に並ぶ時間を半減」「業績を前年度の5倍以上にアップ」に成功している。 【改善方法】 ・施設内でBluetoothとWi-Fiセンサーを活用 ・乗客のリアルタイム計測/高度データ分析 ・空港スタッフ数の最適化 ・セキュリティチェックの可視化 ・Wi-Fiセンサーは空港内各所に設置  →行列に並んでいる人数/待ち時間...

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter