『はじめての人工知能』著者が語る、シンギュラリティの捉え方。

Analytics News(アナリティクスニュース)

『はじめての人工知能』著者が語る、シンギュラリティの捉え方。

TOPICS 2016年5月17日 10:00

『はじめての人工知能』著者が語る、シンギュラリティの捉え方。

人工知能をExcelで体験できる『はじめての人工知能』(翔泳社)著者・淺井登氏による刊行記念講演が、丸善名古屋本店で開催された。「人工知能の現在と未来」をテーマとした本講演は、シンギュラリティの最新トピックを中心に活況を呈した。

シンギュラリティ「危機派」と「のんき派」の主張。

講演のなかで最もホットなトピックとなったのは、2045年説が有力なシンギュラリティ(技術的特異点)についてである。

シンギュラリティについては、2005年に人工知能の権威、レイ・カーツワイル著『The Singularity is Near』がベストセラーとなったことに端を発し、古くから活発な議論がなされている。

2014年には物理学者のスティーヴン・ホーキングが「人工知能の進化は人類の終焉を意味する」と発言するなど、「人工知能が発達すると、人間が駆逐される」としてシンギュラリティについて警鐘を鳴らす著名人も少なくない。

このような「シンギュラリティ危機派」に対して、『はじめての人工知能』著者である淺井氏は「人工知能によって人間の暮らしはますます豊かになる」と考える「のんき派」の立場をとっている。「人工知能は修正可能なプログラムであり、人間の知的活動は脳のニューロン構造だけの真似でできるものではない」というのが、氏の主張だ。

本講演の最後には、シンギュラリティ「危機派」と「のんき派」に分かれた活発な質疑応答が行われた。

以上、下記URLからの要約。
https://codezine.jp/article/detail/9408

最新TOPICS

【IoT】携帯電話キャリアの「スマートホーム」に対する取り組み---「KDDI」vs「ドコモ」vs「ソフトバンク」vs「ソニーモバイル」(2017年08月23日 10:03)

IoTを活用した「スマートホーム」に対する、主要携帯電話キャリアの取り組みを紹介。 【テーマ】 ・KDDIは「au HOME」、今後「Google アシスタント」へも対応予定 ・NTTドコモ、and factoryや横浜市と共同で「未来の家プロジェクト」 ・ソフトバンク、「Connectly App」アプリをとリノベると共同開発 ・東電の「TEPCOスマートホーム」、Xperiaを手...

関連用語・タグ

ニューラルネットワーク(Neural Network)

  • 用語集

脳機能の特性を表現することを目指した数学モデルである。人工ニューラルネットワークとも言う。

通信()

  • タグ

コンジョイント分析(Conjoint Analysis)

  • 用語集

商品やサービスを構成する要素の最適な組み合わせを探るために多変量解析を用いた分析方法。

畳み込みニューラルネットワーク(Convolutional Neural Network)

  • 用語集

文字どおり、畳み込み(コンボリューション)を加えたニューラルネットワークの一種。個々のニューロンが視覚野と対応するような形で配置されており、画像や動画認識に広く使われる。

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter