アマゾンと電化製品の連携にみる、IoT時代のサービス化事例。

Analytics News(アナリティクスニュース)

アマゾンと電化製品の連携にみる、IoT時代のサービス化事例。

TOPICS 2016年8月10日 10:00

アマゾンと電化製品の連携にみる、IoT時代のサービス化事例。

製造業におけるIoTを、業務の効率化や生産性向上、コスト削減などからではなく、「サービス化」の観点から海外での事例を紹介する。今回は、オランダのPhilips(フィリップス)、Eコマースの雄である米Amazon(アマゾン)の事例を紹介する。

製造業の新たなる境地となるIoTサービス化事例。

このIoTサービス化の流れにいち早く乗ったのが、電機・家電製品のメーカーの多国籍企業オランダのPhilips(フィリップス)である。

同社の主力製品である電球は、LEDの普及により以前のように販売数の確保が難しくなった。そこでフィリップスは、電球を用いた緊急通報や、可視光通信技術である「Li-Fi」を活用したクーポン配信、街の街灯の一元管理ソリューションなど、「電球のサービス化」による新たな収入源確保に成功したという事例である。

IoTによるサービス化とは、これまでのようにデバイスを売って終わりではなく、デバイスをサービス提供の手段として新たな顧客接点を持続し続けることを可能にする。

またECサイトの米アマゾンでは、家電メーカーをはじめとした製造業と密接な関係を持つことで、製造業にとっても新境地ともいえるIoT事例を作り出している。

それが「Amazon Dash Button(以下、Dash Button)」と呼ばれる、絆創膏サイズのデバイスだ。Dash Buttonは、一言でいえば「自動販売機のボタン」である。各ボタンが特定の商品とひも付けられており、デバイスにあらかじめ商品を設定しておくことで、ボタンを押すだけで設定個数分だけ自動配送される。たとえば、洗濯洗剤がなくなりかけていることに気付くと、洗濯機に貼りつけたDash Buttonを押すだけでその洗剤が届けられるという仕組みだ。サービス開始当初、Dash Button対応製品は18種類しかなかったが、今では100種類以上のDash Buttonが展開されている。

以上、下記URLからの要約
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1607/26/news005.html

最新TOPICS

【IoT】IoT信頼感レポート---消費者の自家用車IoTに対する懸念、IoTデリバリーチェーン問題点の正確な把握が不可欠(2019年08月27日 10:03)

Dynatrace社が「IoT消費者信頼感報告:エンタープライズクラウド監視の課題」と題するレポートを発表し、消費者はIoTデバイスに対してさまざまな潜在的リスクを感じていることが分かった。 自家用車IoTに対する懸念 消費者の懸念の中で最も明白なのは自家用車であった。 調査対象者の中で85%が...

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

オンラインストレージ、クラウド? オンプレミス? 両者を徹底比較

事務機器企業は、複合機が売れない時代に、どうやって売上を伸ばせばよいのか?

産業用PCをどう選択すればよいのか?~国産メーカーと海外メーカーの比較、信頼性/性能/サポートなど~

  • 書籍

Analytics News ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter