IDCフロンティア、NVIDIAのディープラーニング環境をクラウドで提供へ。

Analytics News(アナリティクスニュース)

IDCフロンティア、NVIDIAのディープラーニング環境をクラウドで提供へ。

TOPICS 2016年8月17日 10:00

IDCフロンティア、NVIDIAのディープラーニング環境をクラウドで提供へ。

ヤフー・ジャパングループでデータセンターとクラウドサービスを提供する株式会社IDCフロンティアは、米NVIDIAのGPUアクセラレータを採用したGPUコンピューティングのクラウドサービスと大容量のファイルストレージサービスを「ディープラーニング プラットフォーム」として提供することを発表した。実際の提供開始は2016年下半期からとなる。

真のデータセンターとなるべく、ディープラーニング技術を採用

同社代表取締役・石田誠司氏は、今回のサービス提供に際して「データ爆発によるパラダイムシフトが起きつつある。ITインフラはこのパラダイムシフトを加速させる存在となるべき。単なるサーバの切り売りではなく、データをマネジメントする真の"データセンター"事業者となる」と述べた。

ITインフラがコモディティ化していく中で、性能や価格は「あたりまえのことになっていく」と述べる石田氏は、これまで同社の優位性としてきたサーバやネットワークの速度、ワンコインから始められるコストパフォーマンス、こだわりのUI/UX、DDoS対策などのセキュリティ性能などを"あたりまえのもの"として再定義。

そこに、これまでは"あたりまえではなかった"ディープラーニングなどの要求に応えられる高い処理能力を持ったコンピューティング、大容量ストレージ、これらをつなぐ高速ネットワークを提供していくという。

同社プラットフォームエンジニアリング部の菊石謙介氏は、「現状でもIDCフロンティアのクラウド環境でディープラーニングを実践している顧客は存在している。しかしCPUによる処理では、学習に24時間以上かかってしまう」と述べ、強力な処理能力への要望が高まっていることを明らかにした。なお、ディープラーニングプラット フォームはIDCFクラウドのメニューとして利用可能。価格や正確な提供開始日などはまだ明らかにされていない。

以上、下記URLからの要約
http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1012901.html

最新TOPICS

【IoT】携帯電話キャリアの「スマートホーム」に対する取り組み---「KDDI」vs「ドコモ」vs「ソフトバンク」vs「ソニーモバイル」(2017年08月23日 10:03)

IoTを活用した「スマートホーム」に対する、主要携帯電話キャリアの取り組みを紹介。 【テーマ】 ・KDDIは「au HOME」、今後「Google アシスタント」へも対応予定 ・NTTドコモ、and factoryや横浜市と共同で「未来の家プロジェクト」 ・ソフトバンク、「Connectly App」アプリをとリノベると共同開発 ・東電の「TEPCOスマートホーム」、Xperiaを手...

関連用語・タグ

ニューラルネットワーク(Neural Network)

  • 用語集

脳機能の特性を表現することを目指した数学モデルである。人工ニューラルネットワークとも言う。

ディープラーニング(Deep Learning)

  • 用語集

「ディープラーニング(Deep Learning:深層学習)」とは、コンピュータによる機械学習の1種であり、人間の脳の階層構造をコンピュータで再現しようと言うアイデアに基づいた「ニューラルネットワーク」を改良し、画像や音声などの認識や、自動運転などの複雑な判断を可能にする。

ボット(bot)

  • 用語集

「ボット (bot) 」とは、「ロボット」の略称であり、もともと人間がコンピュータを操作して行う処理を自動的に実行するアプリケーションを指す。

機械学習()

「機械学習」とは、人間が自然に行っている学習能力と同等の機能をコンピュータで実現しようとする技術や手法。データから反復的に学習しそこに潜むパターンを見つけ出す。

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter