IDCフロンティア、NVIDIAのディープラーニング環境をクラウドで提供へ。

Analytics News(アナリティクスニュース)

IDCフロンティア、NVIDIAのディープラーニング環境をクラウドで提供へ。

TOPICS 2016年8月17日 10:00

IDCフロンティア、NVIDIAのディープラーニング環境をクラウドで提供へ。

ヤフー・ジャパングループでデータセンターとクラウドサービスを提供する株式会社IDCフロンティアは、米NVIDIAのGPUアクセラレータを採用したGPUコンピューティングのクラウドサービスと大容量のファイルストレージサービスを「ディープラーニング プラットフォーム」として提供することを発表した。実際の提供開始は2016年下半期からとなる。

真のデータセンターとなるべく、ディープラーニング技術を採用

同社代表取締役・石田誠司氏は、今回のサービス提供に際して「データ爆発によるパラダイムシフトが起きつつある。ITインフラはこのパラダイムシフトを加速させる存在となるべき。単なるサーバの切り売りではなく、データをマネジメントする真の"データセンター"事業者となる」と述べた。

ITインフラがコモディティ化していく中で、性能や価格は「あたりまえのことになっていく」と述べる石田氏は、これまで同社の優位性としてきたサーバやネットワークの速度、ワンコインから始められるコストパフォーマンス、こだわりのUI/UX、DDoS対策などのセキュリティ性能などを"あたりまえのもの"として再定義。

そこに、これまでは"あたりまえではなかった"ディープラーニングなどの要求に応えられる高い処理能力を持ったコンピューティング、大容量ストレージ、これらをつなぐ高速ネットワークを提供していくという。

同社プラットフォームエンジニアリング部の菊石謙介氏は、「現状でもIDCフロンティアのクラウド環境でディープラーニングを実践している顧客は存在している。しかしCPUによる処理では、学習に24時間以上かかってしまう」と述べ、強力な処理能力への要望が高まっていることを明らかにした。なお、ディープラーニングプラット フォームはIDCFクラウドのメニューとして利用可能。価格や正確な提供開始日などはまだ明らかにされていない。

以上、下記URLからの要約
http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1012901.html

最新TOPICS

【IoT】IoT信頼感レポート---消費者の自家用車IoTに対する懸念、IoTデリバリーチェーン問題点の正確な把握が不可欠(2019年08月27日 10:03)

Dynatrace社が「IoT消費者信頼感報告:エンタープライズクラウド監視の課題」と題するレポートを発表し、消費者はIoTデバイスに対してさまざまな潜在的リスクを感じていることが分かった。 自家用車IoTに対する懸念 消費者の懸念の中で最も明白なのは自家用車であった。 調査対象者の中で85%が...

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

無料資料プレゼント

ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

Amazon WorkSpaces で解決する、テレワークのセキュリティ問題 ~テレワーク手法の比較/VPN/RDS(リモートデスクトップ)/VDI(デスクトップ仮想化)~

DX時代のデータ活用とは? DataOpsを知り、メタデータ管理をはじめよう!

マルチクラウドで高まる、暗号鍵漏洩の危険性

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter