海外事例でみる、IoTによる「スマートシティ化」の現状。

Analytics News(アナリティクスニュース)

海外事例でみる、IoTによる「スマートシティ化」の現状。

TOPICS 2016年8月26日 10:00

海外事例でみる、IoTによる「スマートシティ化」の現状。

スマートシティは、長期的な経済発展および人々の暮らしや気候の維持のために必要不可欠なツールである。都市がスマート化することで得られる便益と機会は数多く、サンフランシスコやポートランド、アムステルダム、ロンドンといった都市では、すでにスマート化に向けた本格的な取り組みが始まっている。

世界中の企業や政府がIoTと共に創りだしているスマートシティの事例を紹介する。

最大のIoTプレイヤーであるアメリカは、350億ドルを投資し、豊富な事例をもつ。

アメリカがIoT革命の最前線である。米連邦政府は2011-2015年の間、IoTソリューションのために350億ドル近い投資をおこなっている。

IoTは、我々に低コストかつこれまでに類を見ないレベルの効率性をもたらす。そして、その便益をもっとも手に入れるのは企業である。新しい製品やサービスの開発もIoTのもたらすものによって手軽になり、新しい市場への参入コストも低減する。彼らはIoTによる新たな革命をもっとも速く、そして間近に見ることになるだろう。

政府でも交通監視システムや最先端アルゴリズムによるID管理・照合のためのシステムによって、セキュリティ上のリスク予想や軍事バイオテクノロジーにIoTが活用されている。

一般消費者の場合、バイオメディカル分野などでは、すでに行われている研究開発により、医者に消化器官の状況をレポートする飲み薬のような事例が登場するのもそう遠くない。

アメリカに次ぐのは、韓国とオランダである。両国は、2016年7月に独自のIoTネットワークを展開し、スマートシティが本当に世界的な潮流であることを証明した。韓国では同国最大手キャリアのSK Telecomがこの構想をリードし、人口の99%に提供されるとされるテクノロジーを導入した。

そのほかシンガポールやドイツでも、それぞれの国柄が反映されたユニークなIoT事例が出始めている。

以上、下記URLからの要約。
http://readwrite.jp/cities/32633/

最新TOPICS

【IoT】IoT信頼感レポート---消費者の自家用車IoTに対する懸念、IoTデリバリーチェーン問題点の正確な把握が不可欠(2019年08月27日 10:03)

Dynatrace社が「IoT消費者信頼感報告:エンタープライズクラウド監視の課題」と題するレポートを発表し、消費者はIoTデバイスに対してさまざまな潜在的リスクを感じていることが分かった。 自家用車IoTに対する懸念 消費者の懸念の中で最も明白なのは自家用車であった。 調査対象者の中で85%が...

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

イベント情報

セミナー講演資料

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

【Microsoft365ユーザー向け】クラウドメールサービスの保護に向いていない、ゲートウェイ方式メールセキュリティの課題 ~API連携・AI技術により、セキュリティ強化と運用効率化を実現~

正社員・非正規社員の離職率を下げるためには? ~主観的な定性評価から、定量的なジョブ型評価への転換の重要性~

世界最高峰のリアルハッカー集団を活用した脆弱性対策 ~米国政府も採用、脆弱性診断・ペネトレーションテストを大胆に変革する方法~

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter