「シンギュラリティ」がバズワードに。3度目のAIブームは本物か?

Analytics News(アナリティクスニュース)

「シンギュラリティ」がバズワードに。3度目のAIブームは本物か?

TOPICS 2016年9月12日 10:00

「シンギュラリティ」がバズワードに。3度目のAIブームは本物か?

最近、「シンギュラリティ」という言葉が注目されている。人工知能(AI)が人間の知能を超えることで起こる出来事、という意味だ。これと並んで、「2045年問題」という言葉がある。2045年にAIが人間の知能を抜くと言われており、そこで様々な問題が起こると言われているのだ。

 あらゆるものがAIでできてしまったら、人間はどうすればいいのだろうか。人間の仕事はなくなってしまうのだろうか。これらの問題は、AIの開発は、人類を幸福にするのか、不幸にするのかという疑問に直結する。

AIが人知を超える「シンギュラリティ」の未来に何が起こるのか

2016年3月、米グーグルの研究部門であるが開発したGoogle DeepMindが開発した囲碁AI「AlphaGo(アルファ碁)」が韓国のイ・セドル九段に勝利したことが話題になった。

またAIを使って書いた小説が、文学賞の1次審査を通過したことも注目を集めた。近い将来、いよいよAIが人間の知能を上回るシンギュラリティの時代がやって来るのではないかと世界中が期待を寄せている。

こうした未来を目前にして、巻き起こっている空前のAIブーム。実は、シンギュラリティという言葉の成り立ちは古く、AIブームの到来も、今回で3度目である。

以上、下記URLからの要約
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/100463/082400079/?rt=nocnt

最新TOPICS

【IoT】IoT信頼感レポート---消費者の自家用車IoTに対する懸念、IoTデリバリーチェーン問題点の正確な把握が不可欠(2019年08月27日 10:03)

Dynatrace社が「IoT消費者信頼感報告:エンタープライズクラウド監視の課題」と題するレポートを発表し、消費者はIoTデバイスに対してさまざまな潜在的リスクを感じていることが分かった。 自家用車IoTに対する懸念 消費者の懸念の中で最も明白なのは自家用車であった。 調査対象者の中で85%が...

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

イベント情報

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

AzureAD/Microsoft365へのユーザー登録、権限設定を自動化する方法 ~ID管理クラウドサービス「Keyspider」とAzureAD/365とを連携する~

AWSにおける運用設計のポイント

ウィズコロナ時代のオンラインスクール運営に求められるシステムとは?(カスタマイズ性、コストなど) 〜各種スクール運営者向けDX〜

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter