コマツ、IoTデータ解析事例。工作機器の故障予知にISID技術を導入。

Analytics News(アナリティクスニュース)

コマツ、IoTデータ解析事例。工作機器の故障予知にISID技術を導入。

TOPICS 2016年10月17日 10:00

コマツ、IoTデータ解析事例。工作機器の故障予知にISID技術を導入。

工作機器メーカー小松製作所(コマツ)が運用する建機稼働管理システム「KOMTRAX Plus」に電通国際情報サービス(ISID)の知的保全ソリューションが適用されことが発表され、IoTのデータ解析事例として注目を浴びている。

建設機械のオペレーションコストを最適化できるIoT事例。

コマツは、以前から工作機器などをIoTとして活用し故障予知検知や予防保全などの品質向上に注力してきた。社内にはデータサイエンス専任組織を設置し、IoTから得られる膨大な稼働データを解析してきたが、従来の解析手法では用途が限られていた。

一方、ISIDの知的保全ソリューションは、製品や設備に組み込まれたセンサーやコントローラからの稼働監視データを用いて、動作条件や設置環境などに応じた状態変化を、複数の変数を組み合わせて多面的に分析することにより、従来の手法では検知できなかった故障予測や残寿命期間の予測などを可能とする事例となった。

コマツは今回、数カ月にわたってIoTから過去の実績データを用いた評価検証を行った結果、ISIDのソリューションが従来の解析手法よりも優れた結果を残したため採用にいたった。

導入後は、コマツの無人ダンプトラック運行システムや、各種建設機械の稼働データ解析にも活用する方針。IoTが人間の目で発見しづらいわずかな予兆をとらえることで、高精度な故障予測に基づくダウンタイムの最小化やオペレーションコストの最適化できる事例になるのではと期待されている。

以上、下記URLからの要約。
https://news.mynavi.jp/itsearch/article/analysis/1888

最新TOPICS

関連用語・タグ

データマネージメント(Data Management)

  • 用語集

データを蓄積する仕組みの構築や運用、データ構造の可視化やデータの意味管理などを行いながらデータを適切に管理することで、データの信頼性・整合性を確保すること。

多変量解析入門()

  • 用語集

複数の変数に関するデータをもとに、変数間の相互関連を分析する統計的技法の総称。

アナリティクス(Analytics)

アナリティクスとは、ある目的にもとづいて、さまざまな分析手法やソフトウェアベースのアルゴリズムを駆使しながら、データに潜んでいる特定のパターンや相関関係などの知見を抽出することを意味する。

ERP(イーアールピー)

  • 用語集

「ERP(Enterprise Resource Planning)」とは、企業における資源(人材、資金、設備、資材、情報など)を一元的に管理し、経営を支援するための手法。その手法のために利用される業務横断型ソフトウェアパッケージは、「ERPパッケージ」「統合基幹業務システム」「統合業務パッケージ」などと呼ばれている。

コンジョイント分析(Conjoint Analysis)

  • 用語集

商品やサービスを構成する要素の最適な組み合わせを探るために多変量解析を用いた分析方法。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter