「今のAIでは、シンギュラリティは起こらない」――ガートナー調査

Analytics News(アナリティクスニュース)

「今のAIでは、シンギュラリティは起こらない」――ガートナー調査

TOPICS 2016年10月24日 10:00

「今のAIでは、シンギュラリティは起こらない」――ガートナー調査

毎年、米国グローバル調査会社ガートナー社が発表する「戦略テクノロジートップ10」の2017年度版が発表された。なかでもトップ10入りした「高度な機械学習と人工知能(AI)」に関連するシンギュラリティについては、独自の見解を示した。

「現在の人工知能は自律はするが、シンギュラリティにはつながらない」

「戦略テクノロジー」とは、企業に大きな影響を与える可能性を秘めた戦略的テクノロジーのトレンドであり、2017年度トップ10のキーワードは次の通りである。

  • 「会話型システム」
  • 「拡張現実(AR)と仮想現実(VR)」
  • 「デジタルツイン」
  • 「高度な機械学習と人工知能(AI)(シンギュラリティ)」
  • 「インテリジェントなアプリ(IoT)」
  • 「インテリジェントなモノ」
  • 「アダプティブセキュリティアーキテクチャ」
  • 「ブロックチェーンと分散型台帳」
  • 「メッシュのアプリとサービスアーキテクチャ」
  • 「デジタルテクノロジープラットフォーム」

上記のなかでも「拡張現実と仮想現実」については、ゲームだけでなく医療セラピーや分子モデリングなど用途を大きく広げると予測している。

また「高度な機械学習と人工知能(AI)」や「インテリジェントなアプリ、モノ(IoT)」については、段階に応じた進化が順調に進んでいる。AIの能力は、「高速な情報処理」と「複雑性」に対応したした後、「理解、学習、予測、適応」を経て「自律的な行動」へと進化する。ガートナー社リサーチ部門VPジェイミー・ポプキン氏は、人工知能は「テレビやラジオなどが徐々に日常に受け入られていったように普及する」と、述べる。

一方、機械が自律的に進化するとシンギュラリティを迎え、「機械が人を支配する」という根強い懸念については「現在の人工知能や機械学習の先にシンギュラリティはない」と断言。現在のテクノロジーの延長線上にはある人工知能とは「人間を支援し、人間の機能を拡張していくもの」との見解を述べている。

以上、下記URLからの要約。
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1610/11/news038.html

最新TOPICS

【IoT】IoT信頼感レポート---消費者の自家用車IoTに対する懸念、IoTデリバリーチェーン問題点の正確な把握が不可欠(2019年08月27日 10:03)

Dynatrace社が「IoT消費者信頼感報告:エンタープライズクラウド監視の課題」と題するレポートを発表し、消費者はIoTデバイスに対してさまざまな潜在的リスクを感じていることが分かった。 自家用車IoTに対する懸念 消費者の懸念の中で最も明白なのは自家用車であった。 調査対象者の中で85%が...

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

イベント情報

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

「ゼロトラスト」の概要と、最初の一歩としての「IDライフサイクル管理」入門 ~増え続けるSaaSのID、権限を、「ID管理クラウドサービス Keyspider」で簡単管理~

ウィズコロナ時代のオンラインスクール運営に求められるシステムとは?(カスタマイズ性、コストなど) 〜各種スクール運営者向けDX〜

AWSにおける運用設計のポイント

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter