【AI×ホワイトボード】リコー、「Watson」電子黒板を披露---「議事録を作成してくれる」「会議後に次回までの宿題が送られてくる」

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI×ホワイトボード】リコー、「Watson」電子黒板を披露---「議事録を作成してくれる」「会議後に次回までの宿題が送られてくる」

TOPICS 2016年10月28日 10:03

【AI×ホワイトボード】リコー、「Watson」電子黒板を披露---「議事録を作成してくれる」「会議後に次回までの宿題が送られてくる」

IBMの年次イベント「World of Watson」にて、
リコーがIBMの人工知能「Watson」を組み込んだ電子黒板を披露した。

【Watson電子黒板】
・Watsonを電子黒板に組み込むことで、電子黒板が会議を支援する「アシスタント」に変身
・電子黒板を音声で操作できる
・「電子黒板に投影した映像」「資料」「会議中の議論」「電子黒板への書き込み」などをWatsonが認識し、自動で議事録を作成してくれる
・会議後には、「会議で確認すべき事項の振り返り」「議事録」「次回の会議までの宿題」が送られてくる
・ゆくゆくは会議での意思決定を支援できるようになる

【その他テーマ】
・病室や会議室が「Watson IoT」でどう変わるか
・Watson IoTで「デジタルトランスフォーメーション」を
・WatsonがIoTと相性が良い「2つの理由」

(出所:http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1610/27/news049.html

最新TOPICS

【AI】アメリカ・サンノゼ国際空港での顔認識システム導入事例---国際線旅客処理時間を約16%削減(2018年08月10日 10:03)

アメリカのサンノゼ国際空港では、顔認識システムを導入し旅行者の処理時間を削減したと発表した。

顔認識システムの導入経緯

サンノゼ空港を利用する国際線乗客数は、「2015年では199,900人」であったものの「2017年では438,800人」と急増しており、旅行者の処理時間削減が大きな課題となっていた。

...

関連用語・タグ

通信()

  • タグ

IoT(モノのインターネット:Internet of Things)

「IoT」とは、従来はコンピュータやサーバなどの情報・通信機器だけに接続されていたインターネットを、世の中に存在する様々な物体(モノ)に接続して自動認識や自動制御、遠隔計測などを行う技術。

ロジスティック回帰分析(Logistic regression)

  • 用語集

多変量解析の一種である。線形回帰分析が量的変数を予測するのに対して、ロジスティック回帰分析は質的確率を予測する。

ボット(bot)

  • 用語集

「ボット(BOT)」とは、人間がコンピュータを操作して行う処理について、人間に代わって特定の命令に従って自動的に実行するアプリケーションプログラムを意味する。

イベント情報

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter