シンギュラリティによって、AIに仕事を奪われないための「ロボット経済3原則」。

Analytics News(アナリティクスニュース)

シンギュラリティによって、AIに仕事を奪われないための「ロボット経済3原則」。

TOPICS 2016年12月7日 10:00

シンギュラリティによって、AIに仕事を奪われないための「ロボット経済3原則」。

人工知能の能力が人間を追い越す日のことをシンギュラリティ(特異点)と言い、この概念を最初に提唱したレイ・カーツワイルの予測では、2045年くらいに現実になるのではないかと言われている。未来の人類の失業を防ぐための「ロボット経済3原則」を考えよう。

シンギュラリティ後の世界で失業しないための経済学。

実際にシンギュラリティが到来したら、人間と同等かそれ以上の能力を持つロボットは確実に登場するだろう。そのようなロボットが1人1台手に入れば、国民全員が働かなくても、そして学校に行かなくても、とにかくつらいことは全部やらないことにしても、経済や社会は同じように回るはずだ。

人間の代わりにロボットが働いても、GDP(国内総生産)はこれまでと変わらない。同じレベルの国民生活が維持できる。人間の代わりに仕事は全部ロボットがやってくれる。そんな未来は、人類にとってパラダイスになるはずだ。

ところが、現実には大きな不安がある。2025年には自動運転車は実用レベルの無人運転ができるようになると言われている。そうなったときには、タクシードライバーや長距離トラックドライバーの大量失業が起きると言われている。

2030年には日本人の仕事の半数は人工知能やロボットにとって代わられるという予測があるし、2045年にシンギュラリティの日が来れば、結局人間はみな失業することになる。

これはパラドックスである。これまでSF映画の中にしかいないと思われてきた人間と同じ能力のロボットが現実に出現して、人間の代わりに働いてくれるようになったら、本来なら人間は今よりも幸せになるはずだ。それなのに、人間と同じ仕事をしてくれるロボットが出現するたびに、人間は仕事を失って不幸せになっていく。

私は長い間、今年に入ったばかりのある日、簡単にこのパラドックスを解く鍵を発見した。シンギュラリティ後の世界では、次のような「ロボット経済3原則」を打ち立てれば、未来の人類の失業はなくなると考えたのだ。

 

以上、下記URLからの要約
http://diamond.jp/articles/-/109210

最新TOPICS

【IoT】IoT信頼感レポート---消費者の自家用車IoTに対する懸念、IoTデリバリーチェーン問題点の正確な把握が不可欠(2019年08月27日 10:03)

Dynatrace社が「IoT消費者信頼感報告:エンタープライズクラウド監視の課題」と題するレポートを発表し、消費者はIoTデバイスに対してさまざまな潜在的リスクを感じていることが分かった。 自家用車IoTに対する懸念 消費者の懸念の中で最も明白なのは自家用車であった。 調査対象者の中で85%が...

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

イベント情報

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

顧客ロイヤルティ × Co-creation = 増やす 気になるCXとEXの関係性

「ゼロトラスト」の概要と、最初の一歩としての「IDライフサイクル管理」入門 ~増え続けるSaaSのID、権限を、「ID管理クラウドサービス Keyspider」で簡単管理~

AWSにおける運用設計のポイント

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter