2017年トレンド予測。ディープラーニングに特化した「AIチップ」。

Analytics News(アナリティクスニュース)

2017年トレンド予測。ディープラーニングに特化した「AIチップ」。

TOPICS 2017年1月23日 10:00

2017年トレンド予測。ディープラーニングに特化した「AIチップ」。

テクノロジーの進化が速いIT業界のなかで、2017年、IT業界を席巻する新しいキーワードとして注目を集めているのが、「AIチップ」である。「AIチップ」とは、人工知能(AI)の演算処理を担うことを目的に開発された半導体チップである。2017年は、ディープラーニングの学習や推論に特化したチップが実用化されそうだ。

囲碁AIでもディープラーニングに特化した「AIチップ」は使われている。

ディープラーニングに特化した半導体チップが求められる背景には、現在の人工知能の多くで用いられているハイエンドサーバーでは、ディープラーニングの処理を実用化するには非力で効率が悪いという課題がある。最小限の消費電力で現場の状態を学習できる人工知能システムが求められるなか、「AIチップ」は、こうした課題を解決するためのブレークスルーとして期待されているのだ。

米グーグルは2016年5月、同社がディープラーニングの演算に特化した「Tensor Processing Unit(TPU)」を1年前から使っていることを明らかにした。このディープラーニングの演算に特化したTPUは、囲碁AI「AlphaGo」やGoogle翻訳で実際に活用しているという。また米インテルは同年8月、ディープラーニング専用チップを開発する米Nervana Systems(ナーバナシステムズ)の買収を発表、2017年後半には製品を出荷する考えを発表している。

そのほか日本では、富士通がディープラーニング専用チップ「Deep Learning Unit(DLU)」を2018年度中に出荷する方針を示しているほか、PEZY ComputingグループのDeep Insightsが、2018年中頃に同じく専用チップを完成させることを目指している。

以上、下記URLからの要約。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/120900297/122100026/?rt=nocnt

最新TOPICS

【AI】ソフトバンクのAI活用事例「新卒採用選考におけるエントリーシート評価にWatsonを活用」---AIが人事選考を行うことは多くの利点を生み出す(2017年08月18日 10:03)

ソフトバンクのAI活用事例。 新卒採用選考におけるエントリーシート評価に、「IBM Watson」を活用する事例を紹介。 【テーマ】 ・IBM WatsonはAI(Artificial Intelligence)ではなくAI(Augmented Intelligence)である ・AIが人事選考を行うことは多くの利点を生み出す ・リーディングカンパニーのソフトバンクが描く新たな未来

関連用語・タグ

R(アール)

  • 用語集

「R」を用いることで、クロス集計や回帰分析、クラスター分析、シミュレーションなどの基本的な統計分析が可能となる。またオープンソースとしてだけでなく、パッケージを導入することで最新の分析手法を実行することもできる。

電力()

  • タグ

教育()

  • タグ

ディープラーニング(Deep Learning)

  • 用語集

「ディープラーニング(Deep Learning:深層学習)」とは、コンピュータによる機械学習の1種であり、人間の脳の階層構造をコンピュータで再現しようと言うアイデアに基づいた「ニューラルネットワーク」を改良し、画像や音声などの認識や、自動運転などの複雑な判断を可能にする。

イベント情報

  • KSKサイド001

Analytics News ACESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter