NVIDIA と Audi、ディープラーニングを搭載した自動運転開発で提携。

Analytics News(アナリティクスニュース)

NVIDIA と Audi、ディープラーニングを搭載した自動運転開発で提携。

TOPICS 2017年1月27日 10:00

NVIDIA と Audi、ディープラーニングを搭載した自動運転開発で提携。

2017年1月、ラスベガスで開催されたCES2017(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー2017) において、半導体大手エヌビディアコーポレーション(NVIDIA)とアウディ(Audi)は、10年にわたる両社のパートナーシップを本格化させることを発表した。2020年の自動運転の路上走行実現に向け、AI搭載自動車の共同開発を含めたディープラーニング型AIによる交通改革を進める。

ディープラーニング型AIによる交通改革が始まる。

NVIDIAとアウディの新たな提携の第1段階では、自動運転車向けAIプラットフォームに焦点を合わせ、ディープラーニングによってトレーニング済みのAIニューラルネットワークを利用して周辺環境を把握し、安全な進路を事前決定できるようになることを目指す。

CES2017の目玉の1つは、アウディ Q7コンセプトカーのデモだ。来場者は、運転席が無人の自動運転車の後部座席に試乗した。DRIVE PX 2 を搭載し、NVIDIA DriveWorksソフトウェアを実行するQ7には、ディープラーニングを搭載したニューラルネットワーク「NVIDIA PilotNet」が採用されている。NVIDIA PilotNetは、変化する周辺環境を認知して理解しながら、安全な走行を実現するという。コースはデモ中に変更され、さまざまな路面を体験でき、車線が引かれていない箇所や、迂回が必要な工事区間などのシミュレーションも用意されている。

CES2017基調講演では、ディープラーニングがドライバーのニーズを予測するしくみ(朝の通勤時と夜の帰宅時の運転、ガレージの扉の自動開閉、個々の好みに合わせた車内環境の調整) のほか、自然な会話の言語で要求を理解し、対応できるしくみについても解説された。

以上、下記URLからの要約。
http://robotstart.info/2017/01/06/nvidia-audi.html

最新TOPICS

【IoT】IoT天気予報サービス「ClimaCell」---IoT仮想気象ステーションから正確な予報を作成(2019年03月19日 10:14)

ボストンとテルアビブを拠点とするスタートアップである「ClimaCell」は、IoTなどのさまざまな方法で気候データを取得する方法により正確な天気予報情報を提供している。 https://www.climacell.co/

関連用語・タグ

重回帰分析()

  • 用語集

多変量解析のひとつであり、あるデータをほかの複数のデータによって予測する分析手法である。

インメモリデータベース()

  • 用語集

データをストレージではなく、メインメモリ上に格納するよう設計されたデータベース。また、そのようなデータベースを構築・運用できるデータベース管理システム(DBMS)。「メインメモリデータベース(MMDB)」とも言う。

クラウド・コンピューティング(Cloud Computing)

  • 用語集

「クラウド・コンピューティング」とは、データを、パソコンや携帯端末ではなく、インターネット上に保存する使い方やサービス。

分散分析(Analysis of Variance: ANOVA)

  • 用語集

観測データにおける変動を誤差変動と各要因およびそれらの交互作用による変動に分解することによって、要因および交互作用の効果を判定する、統計的仮説検定の手法のひとつ。

クリックストリームデータ()

  • 用語集

Web サイトやオンライン・ショップにおける訪問者のアクセス・ログである。Web サイトやオンライン・ショップにアクセスした訪問者が、どのような順番に従ってWebサイト内を移動したのかという一連の履歴がわかる。来訪者はリンクをクリックしてサイト内を移動するため、「クリックの流れ」とも呼ばれる。

  • KSKサイド001

Analytics News ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter