NVIDIA と Audi、ディープラーニングを搭載した自動運転開発で提携。

Analytics News(アナリティクスニュース)

NVIDIA と Audi、ディープラーニングを搭載した自動運転開発で提携。

TOPICS 2017年1月27日 10:00

NVIDIA と Audi、ディープラーニングを搭載した自動運転開発で提携。

2017年1月、ラスベガスで開催されたCES2017(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー2017) において、半導体大手エヌビディアコーポレーション(NVIDIA)とアウディ(Audi)は、10年にわたる両社のパートナーシップを本格化させることを発表した。2020年の自動運転の路上走行実現に向け、AI搭載自動車の共同開発を含めたディープラーニング型AIによる交通改革を進める。

ディープラーニング型AIによる交通改革が始まる。

NVIDIAとアウディの新たな提携の第1段階では、自動運転車向けAIプラットフォームに焦点を合わせ、ディープラーニングによってトレーニング済みのAIニューラルネットワークを利用して周辺環境を把握し、安全な進路を事前決定できるようになることを目指す。

CES2017の目玉の1つは、アウディ Q7コンセプトカーのデモだ。来場者は、運転席が無人の自動運転車の後部座席に試乗した。DRIVE PX 2 を搭載し、NVIDIA DriveWorksソフトウェアを実行するQ7には、ディープラーニングを搭載したニューラルネットワーク「NVIDIA PilotNet」が採用されている。NVIDIA PilotNetは、変化する周辺環境を認知して理解しながら、安全な走行を実現するという。コースはデモ中に変更され、さまざまな路面を体験でき、車線が引かれていない箇所や、迂回が必要な工事区間などのシミュレーションも用意されている。

CES2017基調講演では、ディープラーニングがドライバーのニーズを予測するしくみ(朝の通勤時と夜の帰宅時の運転、ガレージの扉の自動開閉、個々の好みに合わせた車内環境の調整) のほか、自然な会話の言語で要求を理解し、対応できるしくみについても解説された。

以上、下記URLからの要約。
http://robotstart.info/2017/01/06/nvidia-audi.html

最新TOPICS

【IoT】IoT信頼感レポート---消費者の自家用車IoTに対する懸念、IoTデリバリーチェーン問題点の正確な把握が不可欠(2019年08月27日 10:03)

Dynatrace社が「IoT消費者信頼感報告:エンタープライズクラウド監視の課題」と題するレポートを発表し、消費者はIoTデバイスに対してさまざまな潜在的リスクを感じていることが分かった。 自家用車IoTに対する懸念 消費者の懸念の中で最も明白なのは自家用車であった。 調査対象者の中で85%が...

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

イベント情報

セミナー講演資料

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

文書を作る過程における情報(Slack/Teamsでのコメントなど)をどう管理、共有するべきか? ~新しい文書情報管理の考え方~

SMS認証の代替手段、より高セキュアな“電話発信認証サービスTELEO”とは? ~スマホによる多要素認証の比較と、SMS認証のリスク~

正社員・非正規社員の離職率を下げるためには? ~主観的な定性評価から、定量的なジョブ型評価への転換の重要性~

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter