【AI】ゴールドマン・サックスの「AI自動株取引プログラム」---人間のトレーダーが激減(2000年は600人いた→2017年は2人だけ)

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI】ゴールドマン・サックスの「AI自動株取引プログラム」---人間のトレーダーが激減(2000年は600人いた→2017年は2人だけ)

TOPICS 2017年2月10日 10:03

【AI】ゴールドマン・サックスの「AI自動株取引プログラム」---人間のトレーダーが激減(2000年は600人いた→2017年は2人だけ)

世界最大級の投資銀行「ゴールドマン・サックス」は、AI自動株取引プログラムの導入を進めている。

【ポイント】
・AI自動株取引プログラムは、200人のコンピューターエンジニアで運用
・人間のトレーダーは激減
  2000年は600人いた→2017年は2人だけ
・通貨取引についての自動化もスタート済

(出所:http://gigazine.net/news/20170208-goldman-sachs-automation/

最新TOPICS

【IoT】IoT信頼感レポート---消費者の自家用車IoTに対する懸念、IoTデリバリーチェーン問題点の正確な把握が不可欠(2019年08月27日 10:03)

Dynatrace社が「IoT消費者信頼感報告:エンタープライズクラウド監視の課題」と題するレポートを発表し、消費者はIoTデバイスに対してさまざまな潜在的リスクを感じていることが分かった。 自家用車IoTに対する懸念 消費者の懸念の中で最も明白なのは自家用車であった。 調査対象者の中で85%が...

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

イベント情報

無料資料プレゼント

ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

Slackに添付した重要資料を、第三者にメールされても後から消す方法 ~漏洩リスク、文書移行リスクなど、Slackのリスクを解説~

ソフトウェア開発におけるアジャイル基盤の構築 (バージョン管理システムやテスト自動化ツールとの連携の必要性)

在宅勤務で高まるリスクといま取るべきメールセキュリティ 〜なりすましメール、情報漏洩、最恐のマルウェア“Emotet”への対策〜

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter