【AI】Google「Deep Mind」、電力コストを「AI技術による最適化だけ」で10%カットするチャレンジ---すでにGoogleデータセンターでの成功実績あり

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI】Google「Deep Mind」、電力コストを「AI技術による最適化だけ」で10%カットするチャレンジ---すでにGoogleデータセンターでの成功実績あり

TOPICS 2017年3月16日 10:03

【AI】Google「Deep Mind」、電力コストを「AI技術による最適化だけ」で10%カットするチャレンジ---すでにGoogleデータセンターでの成功実績あり

Googleの「Deep Mind」が、
既存の電力インフラに対して「AI技術による最適化だけ」で電力生産コストを10%カットするチャレンジを行う。

【ポイント】
・DeepMindは機械学習技術活用で、すでにGoogleデータセンターの電力15%削減に成功している
・エネルギー使用量を10%節約できれば画期的

最新TOPICS

【IoT】IoT信頼感レポート---消費者の自家用車IoTに対する懸念、IoTデリバリーチェーン問題点の正確な把握が不可欠(2019年08月27日 10:03)

Dynatrace社が「IoT消費者信頼感報告:エンタープライズクラウド監視の課題」と題するレポートを発表し、消費者はIoTデバイスに対してさまざまな潜在的リスクを感じていることが分かった。 自家用車IoTに対する懸念 消費者の懸念の中で最も明白なのは自家用車であった。 調査対象者の中で85%が...

関連用語・タグ

重回帰分析()

  • 用語集

多変量解析のひとつであり、あるデータをほかの複数のデータによって予測する分析手法である。

クリックストリームデータ()

  • 用語集

Web サイトやオンライン・ショップにおける訪問者のアクセス・ログである。Web サイトやオンライン・ショップにアクセスした訪問者が、どのような順番に従ってWebサイト内を移動したのかという一連の履歴がわかる。来訪者はリンクをクリックしてサイト内を移動するため、「クリックの流れ」とも呼ばれる。

主成分分析(Principal Component Analysis)

  • 用語集

「主成分分析」とは、ビッグデータをはじめとした多変量データを統合し新たな総合指標を作り出し、多くの変数にウェイトをつけて少数の合成変数を作る統計手法である。ビッグデータ分析の現場などにおいて、多変量の情報をできるだけ損なわずに低次元空間に縮約する。多変量データを二次元や三次元データに縮約することで、データ全体の視覚化が可能となり、データのもつ情報を解釈しやすくなる。

RFM分析()

  • 用語集

「RFM分析」とは、Recency、Frequency、Monetaryという3つの指標で顧客を並べ替え、グループ化した顧客の性質を明らかにする顧客分析の手法のひとつ。

相関関係()

  • 用語集

一方の値が変化すれば、他方の値も変化するという、2つの値の関連性を指す。

  • KSKサイド001

Analytics News ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter