AIとシンギュラリティが、情報セキュリティにもたらす影響とは?

Analytics News(アナリティクスニュース)

AIとシンギュラリティが、情報セキュリティにもたらす影響とは?

TOPICS 2017年3月16日 10:00

AIとシンギュラリティが、情報セキュリティにもたらす影響とは?

昨今のバズワードである「AI(人工知能))と「シンギュラリティ(技術的特異点)」。情報セキュリティとAIの関係性はどのようなものか? 情報セキュリティのシンギュラリティとはどのような変革か? 日本セキュリティ・マネジメント学会で責任者を務める情報セキュリティの専門家が、情報セキュリティのシンギュラリティについて考察する。

情報セキュリティ分野では、量子コンピュータがシンギュラリティを引き寄せる。

AIの進化がもたらすシンギュラリティの一般的な定義である「人間の脳がAIと融合するとき」「人間の脳のニューロン構成密度をしのいで知性や自我に目覚めるとき」といった状況は、現在では2035年あたりから兆候が現れるとも言われている。

2017年現在でも「人間が作ったプログラム通りにしか動けないAI」という前提を覆すテクノロジーとしてディープラーニングがあり、これによって人間が作った論理回路をベースに多数の学習を行い、いわゆる「定石」に加えて、圧倒的な量のパターンを生みだすことが可能となった。

たとえば将棋の世界におけるAIは実際に人間と対戦したり、コンピュータ同士で超速度の対戦を行ったりすることで、シミュレーションのケースを学習していく。このようにしてナレッジベースを再構築したり、パターンテーブルを数兆通りも作り出したりすることが、論理的には可能だ。さらに全体の論理を描画しながら、最もバランスの良い駒の手を考察することに取り組み、その一部は実現しているとも言う。このように考えると、将棋を含めたいわゆる“勝負の世界"では、急速にシンギュラリティに近づいているとも言う見方もある。

情報セキュリティの分野においても暗号が一瞬で破られるといわれている「量子コンピュータ」の存在が無視できないものになっており、シンギュラリティが肉薄していることを実感する。現状の認証方式も同じで、認証が役に立たないという状況もすぐそこに来ているという専門家も存在する。こうした混沌とした状況は、今後どうやって進むのだろうか――。

以上、下記URLからの要約。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1702/17/news028.html

最新TOPICS

【IoT】IoT信頼感レポート---消費者の自家用車IoTに対する懸念、IoTデリバリーチェーン問題点の正確な把握が不可欠(2019年08月27日 10:03)

Dynatrace社が「IoT消費者信頼感報告:エンタープライズクラウド監視の課題」と題するレポートを発表し、消費者はIoTデバイスに対してさまざまな潜在的リスクを感じていることが分かった。 自家用車IoTに対する懸念 消費者の懸念の中で最も明白なのは自家用車であった。 調査対象者の中で85%が...

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

【動画配信】リード獲得チャネルの特性と、単価の比較(IT企業&製造業向け)

大企業におけるSalesforce利用課題と、定着化/活用までの取り組み

社内システムを改修不要でプライベートSaaS化するには ~SAML非対応でもAzureADやIDaaSと連携して認証統合し、テレワークセキュリティを強化~

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter