NTTコムウェア、ディープラーニングを活用した画像認識プラットフォームを発売。

Analytics News(アナリティクスニュース)

NTTコムウェア、ディープラーニングを活用した画像認識プラットフォームを発売。

TOPICS 2017年3月24日 10:00

NTTコムウェア、ディープラーニングを活用した画像認識プラットフォームを発売。

NTTコムウェアは、ディープラーニング技術を活用した画像認識プラットフォームの発売を開始した。同社としては初の本格的な商用サービスの提供となり、製造業における製品検査工程で、画像を利用して工場の製品ラインなどで不良品を検出するといった活用などが期待されている。

独自特許を取得した学習速度が早いディープラーニングプラットフォーム。

NTTコムウェアでは2013年からディープラーニングの研究を開始し、2015年2月から研究と並行して試行販売も行ってきた。2015年2月には不適切コンテンツの自動フィルタリングのトライアルを行ったほか、2016年11月には人工知能技術を活用した道路不具合検出システムを発表。これらの研究開発で得た知見を生かし、今回のディープラーニング技術を活用した画像認識プラットフォームの販売にいたった。

このディープラーニング活用画像認識プラットフォームの特徴は、簡単に独自人工知能が構築できる点、APIを通じて他のシステムと連携できる点、学習が早い点の3つの特徴がある。特に学習速度については独自の特許も取得し、人工知能の試行錯誤の短期化を図る工夫が盛り込まれている。

このディープラーニングを活用したプラットフォームは、学習機能と判定機能の2つの要素に分かれて構成されている。学習機能側では事前にNTTコムウェアが独自設定した基本画像セットを学習しながら、加えてユーザーが活用したい業務に合わせた画像を使って学習する。これらによって判断基準を作り出し、そのアルゴリズムを使って、入力される画像データに対し判定を行うという仕組みとなる。

以上、下記URLからの要約
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1703/01/news063.html

最新TOPICS

【IoT】IoT信頼感レポート---消費者の自家用車IoTに対する懸念、IoTデリバリーチェーン問題点の正確な把握が不可欠(2019年08月27日 10:03)

Dynatrace社が「IoT消費者信頼感報告:エンタープライズクラウド監視の課題」と題するレポートを発表し、消費者はIoTデバイスに対してさまざまな潜在的リスクを感じていることが分かった。 自家用車IoTに対する懸念 消費者の懸念の中で最も明白なのは自家用車であった。 調査対象者の中で85%が...

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

イベント情報

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

AWSにおける運用設計のポイント

AzureAD/Microsoft365へのユーザー登録、権限設定を自動化する方法 ~ID管理クラウドサービス「Keyspider」とAzureAD/365とを連携する~

顧客ロイヤルティ × Co-creation = 増やす 気になるCXとEXの関係性

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter