【IoT/ビッグデータ/AI】JR東日本が取り組むビジネスモデル変革---最新型E235系で始めたセンシング、統合的な利用環境をクラウドに構築

Analytics News(アナリティクスニュース)

【IoT/ビッグデータ/AI】JR東日本が取り組むビジネスモデル変革---最新型E235系で始めたセンシング、統合的な利用環境をクラウドに構築

TOPICS 2017年4月6日 10:03

【IoT/ビッグデータ/AI】JR東日本が取り組むビジネスモデル変革---最新型E235系で始めたセンシング、統合的な利用環境をクラウドに構築

JR東日本が取り組む「IoT/ビッグデータ/AIを活用するビジネスモデル変革」について紹介。

【テーマ】
・第4次産業革命を迎え中長期ビジョンを危機をもって策定
・「駅起点、ダイヤ通り」から顧客の移動ニーズに合わせる
・最新型E235系で始めたセンシングで各種課題を解決する
・事後対応型から危険の予知型に変える
・データの統合的な利用環境をクラウドに構築する

最新TOPICS

【IoT】IoT天気予報サービス「ClimaCell」---IoT仮想気象ステーションから正確な予報を作成(2019年03月19日 10:14)

ボストンとテルアビブを拠点とするスタートアップである「ClimaCell」は、IoTなどのさまざまな方法で気候データを取得する方法により正確な天気予報情報を提供している。 https://www.climacell.co/

関連用語・タグ

Apache Hadoop(アパッチ ハドゥープ)

  • 用語集

「Apache Hadoop(アパッチ ハドゥープ)」とは、 ビッグデータを複数のマシンに分散して処理できる、オープンソースのプラットフォームである。

主成分分析(Principal Component Analysis)

  • 用語集

「主成分分析」とは、ビッグデータをはじめとした多変量データを統合し新たな総合指標を作り出し、多くの変数にウェイトをつけて少数の合成変数を作る統計手法である。ビッグデータ分析の現場などにおいて、多変量の情報をできるだけ損なわずに低次元空間に縮約する。多変量データを二次元や三次元データに縮約することで、データ全体の視覚化が可能となり、データのもつ情報を解釈しやすくなる。

MapReduce(マップリデュース)

  • 用語集

「MapReduce(マップリデュース)」とは、大規模なデータを分散処理するためのプログラミングモデル。 分割されたデータの断片に加工を施し必要な情報を抽出するMap処理と、Mapで抽出した情報を束ねて処理結果を得るReduce処理の2段階に分けてデータ処理を行う。

ベイズ理論()

  • 用語集

18世紀のイギリスの数学者であるトーマス・ベイズによって示された条件付き確率に関して成り立つ定理に基づく理論。

  • KSKサイド001

Analytics News ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter