グーグル、機械学習「TensorFlow」の国内採用事例を紹介

Analytics News(アナリティクスニュース)

グーグル、機械学習「TensorFlow」の国内採用事例を紹介

TOPICS 2017年4月18日 10:00

グーグル、機械学習「TensorFlow」の国内採用事例を紹介

2017年3月、ドイツで行われた国際情報通信技術見本市「CeBIT 2017」において、グーグル合同会社(グーグル日本法人)は、機械学習ライブラリ「TensorFlow」の国内採用事例を紹介した。「から揚げ配膳ロボット」「きゅうり仕分けロボット」「ドローンで撮影した写真の解析」の三事例。

から揚げ配膳ときゅうりの仕分けを自動化する、機械学習導入事例。

機械学習「TensorFlow」を活用したから揚げ配膳ロボットの事例は、RT Corporationが開発した。今後国内で想定される労働人口の減少を背景に、弁当屋で人と協働できるロボットの開発を進めている。同じ形にはならないから揚げを正確に画像認識するために機械学習を活用し、同イベントで披露した展示デモは、約1カ月で完成したという。

きゅうり仕分けロボットは、きゅうり農家で組み込み技術者の小池誠氏による開発事例だ。母親が毎日8時間かけて行っているきゅうりの仕分けを自動化するために機械学習ライブラリを採用した。あまり知られていないが、きゅうりの出荷規格には9段階の区分がある。小池氏は、母親が経験によって仕分けた9000枚の画像データを教師データとし画像認識モデルを構築した。ロボットの動作制御は「Raspberry Pi」や「Arduino」などの市販の制御基板を利用し、構成部品はホームセンターで購入したり3Dプリンタで作成した。

ドローンで撮影した写真の解析の事例は、ソニーとZMPの合弁会社であるエアロセンスが行ったもの。建設現場に駐車された車両の空撮画像から、機械学習で車両台数をカウントするアルゴリズムを構築した。

以上、下記URLからの要約
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1703/28/news043.html

最新TOPICS

【IoT】IoT天気予報サービス「ClimaCell」---IoT仮想気象ステーションから正確な予報を作成(2019年03月19日 10:14)

ボストンとテルアビブを拠点とするスタートアップである「ClimaCell」は、IoTなどのさまざまな方法で気候データを取得する方法により正確な天気予報情報を提供している。 https://www.climacell.co/

関連用語・タグ

クリックストリームデータ()

  • 用語集

Web サイトやオンライン・ショップにおける訪問者のアクセス・ログである。Web サイトやオンライン・ショップにアクセスした訪問者が、どのような順番に従ってWebサイト内を移動したのかという一連の履歴がわかる。来訪者はリンクをクリックしてサイト内を移動するため、「クリックの流れ」とも呼ばれる。

NoSQL(ノーエスキューエル)

  • 用語集

「NoSQL(ノーエスキューエル)」とは、膨大なデータ量を高速かつ動的に整理し分析する、非リレーショナルな分散データベースシステムである。スケーラビリティ、可用性、耐障害性において、従来のRDB(リレーショナルデータベース)を凌駕するデータベースとしてNoSQLが、注目を集めている。

シンギュラリティ(Technological Singularity)

  • 用語集

シンギュラリティ(Technological Singularity:技術的特異点)とは、未来研究において、過去の歴史から今後の人類の技術開発の推測して得られる未来の正確かつ信頼できる限界点を指す。

ベイズ理論()

  • 用語集

18世紀のイギリスの数学者であるトーマス・ベイズによって示された条件付き確率に関して成り立つ定理に基づく理論。

  • KSKサイド001
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter