グリコ、チャットボット事例、LINE ビジネスコネクトとドコモの連携サービスを導入

Analytics News(アナリティクスニュース)

グリコ、チャットボット事例、LINE ビジネスコネクトとドコモの連携サービスを導入

TOPICS 2017年4月24日 10:00

グリコ、チャットボット事例、LINE ビジネスコネクトとドコモの連携サービスを導入

電通アイソバーは、LINEが提供する企業向けAPI「LINE ビジネスコネクト」向けサービス「TONARIWA(トナリワ)」にて、NTTドコモが開発したチャットボットエンジン「Repl-AI」と連携したLINEによるチャットボットサービスの提供を開始した。事例第一弾として、江崎グリコがサービスを導入。新しいチャットボット事例として注目を集めている。

利便性の高いチャットボットの開発を短期間にした事例。

これまでのチャットボット事例では、チャットボットのシナリオ登録が複雑で、開発期間や工数を含めると開発・導入は簡単なものではなかった。

「TONARIWA」と「Repl-AI」が連携することにより、LINEのチャットボットアカウントをより簡潔にスピーディーに開発することが可能になった。シナリオ登録や自動応答の最適化を簡略化し、企画からサービス開始までの開発期間やチューニングにかける工数の短縮を可能にしたのだ。これにより、チャットボットの対話内容をより自由にカスタマイズし、利用シーンにぴったりの会話を実現することも可能となった。より利便性の高いLINEによるチャットボットを短期間で開発することができるようになったのだ。

また、チャットボット導入の第一弾として、江崎グリコが、ジャイアントコーンのポイントキャンペーンに活用した。ジャイアントコーンは「おつかれさまです!ジャイアントコーン」をブランドメッセージに、広告コミュニケーションを展開している。

グリコの事例では、ジャイアントコーンのLINE公式アカウントに毎日自分が頑張ったことについてメッセージを送ると、ねぎらいのメッセージが返ってくる仕組みを構築。メッセージを送るごとにポイントがたまり、1ヶ月間のトークサマリーから今月頑張ったことがリポートされ、抽選でインセンティブが当たる。

以上、下記URLからの要約
https://markezine.jp/article/detail/26333

最新TOPICS

【IoT】IoT信頼感レポート---消費者の自家用車IoTに対する懸念、IoTデリバリーチェーン問題点の正確な把握が不可欠(2019年08月27日 10:03)

Dynatrace社が「IoT消費者信頼感報告:エンタープライズクラウド監視の課題」と題するレポートを発表し、消費者はIoTデバイスに対してさまざまな潜在的リスクを感じていることが分かった。 自家用車IoTに対する懸念 消費者の懸念の中で最も明白なのは自家用車であった。 調査対象者の中で85%が...

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

ネットワークエンジニアの減少で負担が増える、企業のネットワーク運用管理

事務機器企業は、複合機が売れない時代に、どうやって売上を伸ばせばよいのか?

産業用PCをどう選択すればよいのか?~国産メーカーと海外メーカーの比較、信頼性/性能/サポートなど~

  • 書籍

Analytics News ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter