【AI】三井住友銀行の「Watson」導入成果---顧客照会1件あたりコストが60円削減、新人オペレーターの離職率が48%減少

Analytics News(アナリティクスニュース)

【AI】三井住友銀行の「Watson」導入成果---顧客照会1件あたりコストが60円削減、新人オペレーターの離職率が48%減少

TOPICS 2017年5月8日 10:03

【AI】三井住友銀行の「Watson」導入成果---顧客照会1件あたりコストが60円削減、新人オペレーターの離職率が48%減少

日本IBMが開催した「IBM Watson Summit」にて、
三井住友銀行の谷崎氏が、「Watson」導入成果や、クラウドへの取り組みを紹介した。

【ポイント】
・2014年にコールセンターへWatsonを部分導入
・2016年10月から全席で利用
・回答精度向上
・顧客照会1件あたりのコストが60円削減
・新人オペレーターの離職率が48%減少

最新TOPICS

【AI】ソフトバンクのAI活用事例「新卒採用選考におけるエントリーシート評価にWatsonを活用」---AIが人事選考を行うことは多くの利点を生み出す(2017年08月18日 10:03)

ソフトバンクのAI活用事例。 新卒採用選考におけるエントリーシート評価に、「IBM Watson」を活用する事例を紹介。 【テーマ】 ・IBM WatsonはAI(Artificial Intelligence)ではなくAI(Augmented Intelligence)である ・AIが人事選考を行うことは多くの利点を生み出す ・リーディングカンパニーのソフトバンクが描く新たな未来

関連用語・タグ

家電()

  • タグ

クロス集計()

  • 用語集

2~3種類の情報に限定してデータの分析や集計を行なう手法。縦軸と横軸に項目を割り振り、特定の項目の相互関係を明らかにすることができる。

データマネージメント(Data Management)

  • 用語集

データを蓄積する仕組みの構築や運用、データ構造の可視化やデータの意味管理などを行いながらデータを適切に管理することで、データの信頼性・整合性を確保すること。

ERP(イーアールピー)

  • 用語集

「ERP(Enterprise Resource Planning)」とは、企業における資源(人材、資金、設備、資材、情報など)を一元的に管理し、経営を支援するための手法。その手法のために利用される業務横断型ソフトウェアパッケージは、「ERPパッケージ」「統合基幹業務システム」「統合業務パッケージ」などと呼ばれている。

イベント情報

  • KSKサイド001

Analytics News ACESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter