製造業IoTの成功事例共有で、IVIとIICが連携

Analytics News(アナリティクスニュース)

製造業IoTの成功事例共有で、IVIとIICが連携

TOPICS 2017年5月25日 10:00

製造業IoTの成功事例共有で、IVIとIICが連携

国内で産業用IoTの活性化を目的にしたフォーラムIVI(インダストリアル バリューチェーン イニシアチブ)と、米国のグローバル企業を中心に設立され産業用インターネットの社会実装に取り組むIIC(インダストリアル インターネット コンソーシアム)は、ハノーバーメッセ2017において、ユースケースや成功事例の共有などを中心に連携を進めることで覚書(MOU)を結んだ。

産業用IoTにおいて、成功事例を共有

IVIは、日本機械学会生産システム部門の「つながる工場」分科会が母体となり、2015年から日本の現場力を生かした製造現場における具体的な問題の解決をテーマに企業間協力などの取り組みを推進してきた。2016年以降はIoTを活用したスマート工場の参照モデルとして「IVRA」をリリースするなど、活動の幅を広げている。

一方のIICは、2014年3月に米国のAT&T、シスコ、GE、インテル、IBMの5社が設立した産業用IoTの社会実装を推進する団体である。同団体はグローバル化を進めており、現在は31カ国から260社以上の企業が参加する状態となっている。

両団体の連携の最大のポイントは、成功事例の共有にある。さまざまな産業にとってIoTがもたらす変化は大きなもので、一方で個々を見るといまだに成功の形が見えない状況となっている。こうした中でIoTを活用した成功の形をより多く積み上げていくために、IICではテストベッド活動を推進。一方でIVIは「現場発の問題解決」を活動の根幹としているためワークショップ活動などで小さいながらも数多くの成功事例を保有している。こうした成功事例を共有することで相互に刺激を与え合い、産業用IoTにおける成功の形をより多く作り上げることを目指す。

以上、下記URLからの要約
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1704/27/news054.html

最新TOPICS

【IoT】IoT信頼感レポート---消費者の自家用車IoTに対する懸念、IoTデリバリーチェーン問題点の正確な把握が不可欠(2019年08月27日 10:03)

Dynatrace社が「IoT消費者信頼感報告:エンタープライズクラウド監視の課題」と題するレポートを発表し、消費者はIoTデバイスに対してさまざまな潜在的リスクを感じていることが分かった。 自家用車IoTに対する懸念 消費者の懸念の中で最も明白なのは自家用車であった。 調査対象者の中で85%が...

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

イベント情報

セミナー講演資料

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

世界最高峰のリアルハッカー集団を活用した脆弱性対策 ~米国政府も採用、脆弱性診断・ペネトレーションテストを大胆に変革する方法~

SMS認証の代替手段、より高セキュアな“電話発信認証サービスTELEO”とは? ~スマホによる多要素認証の比較と、SMS認証のリスク~

文書を作る過程における情報(Slack/Teamsでのコメントなど)をどう管理、共有するべきか? ~新しい文書情報管理の考え方~

  • 書籍

Analytics News ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter