病院や医師のニーズを把握する、MR向けビッグデータの活用事例

Analytics News(アナリティクスニュース)

病院や医師のニーズを把握する、MR向けビッグデータの活用事例

TOPICS 2017年6月11日 10:00

病院や医師のニーズを把握する、MR向けビッグデータの活用事例

2017年4月下旬に開催された「ヘルスケアIT 2017」において、ビッグデータを活用した地域医療のITソリューションを提供するリーズンホワイ 株式会社CEO 塩飽 哲生氏が登壇し、「ビッグデータを活用した製薬企業等のエリアマーケティングの活動事例」と題した講演が行われた。製薬会社のMRがどのようにビッグデータを活用し、病院やクリニック向けのマーケティングを展開していくかについて具体的な事例をもとにした解説がなされた。

DPCデータをビッグデータとして活用する事例。

2011年に設立された同社は、医療情報サービスを展開するITベンチャー。地域医療分析ツール「WhytPlot」をはじめ、専門医限定の情報交換や専門医検索などのネットワークサービス、個人や法人向けの病院選びサービスも提供する。

本講演では、ビッグデータを活用した地域医療分析ツール「WhytPlot」の活用事例が紹介された。同ツールは、現在26社の医療機関や製薬企業、医薬品・医療機器メーカーに採用されており、さまざまな効果が認められている。

地域医療分析ツールの事例のなかで同社が活用している「ビッグデータ」とは、厚労省が収集・公開する診療データ「DPC(Diagnosis Procedure Combination)データ」を意味する。パブリックに公開されたDPCデータをエリアマーケティングに活用するメリットはどこにあるのか? DPCデータは、公開データであるがゆえに、医師との情報共有が問題なく行える。さらに経営に密接にかかわる入院患者のデータにもなり得る。

氏は、事例を引きながら「これからのMRマーケティングは、どの病院が何を目指して経営しているかをビッグデータからリアルタイムに知ることが重要」と説いた。

以上、下記URLからの要約。
https://news.mynavi.jp/itsearch/article/marketing/2693

最新TOPICS

【IoT】IoT信頼感レポート---消費者の自家用車IoTに対する懸念、IoTデリバリーチェーン問題点の正確な把握が不可欠(2019年08月27日 10:03)

Dynatrace社が「IoT消費者信頼感報告:エンタープライズクラウド監視の課題」と題するレポートを発表し、消費者はIoTデバイスに対してさまざまな潜在的リスクを感じていることが分かった。 自家用車IoTに対する懸念 消費者の懸念の中で最も明白なのは自家用車であった。 調査対象者の中で85%が...

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

イベント情報

セミナー講演資料

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

正社員・非正規社員の離職率を下げるためには? ~主観的な定性評価から、定量的なジョブ型評価への転換の重要性~

SMS認証の代替手段、より高セキュアな“電話発信認証サービスTELEO”とは? ~スマホによる多要素認証の比較と、SMS認証のリスク~

文書を作る過程における情報(Slack/Teamsでのコメントなど)をどう管理、共有するべきか? ~新しい文書情報管理の考え方~

  • 書籍

Analytics News ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter