パナソニック、ディープラーニング活用で世界最高水準の顔認証技術を開発

Analytics News(アナリティクスニュース)

パナソニック、ディープラーニング活用で世界最高水準の顔認証技術を開発

TOPICS 2017年6月12日 10:00

パナソニック、ディープラーニング活用で世界最高水準の顔認証技術を開発

パナソニックは、シンガポール国立大学との共同研究開発により世界最高水準の顔照合技術を開発したことを発表した。この技術には、ディープラーニングが活用され、左右90度近い横顔や明暗が強い屋外環境、サングラスやマスクで顔の一部が隠れている状態でも顔の照合を行えるという。

米国立標準技術研究所(NIST)が公開する、監視カメラなどが撮影しうるあらゆる条件を網羅したベンチマークデータセットにおいて、世界最高水準の顔照合性能を実現したという。

ディープラーニングで、人物監視、本人確認ソリューションを商用化。

従来の顔認証技術には、横顔や照明の明暗が強い場合や、サングラスやマスクで顔が一部隠れている場合には、顔照合に失敗する可能性が高かった。

同社による新技術では、ディープラーニングによる特徴抽出と、撮影環境に合わせて顔照合の類似度計算を最適化する技術を組み合わせることで、同社の従来技術と比較して顔照合性能を最大5倍改善させることに成功した。ディープラーニングの技術としては、異なる訓練を行なった2つのニューラルネットワークの相補性を探索するなどの手法が用いられているほか、ディープラーニングは撮影環境に合わせた類似度計算も行う。

今後、同社はこの技術を商用化し、監視カメラに写った要注意人物の自動検知や公共施設の監視など、さまざまなシーンで活用できる映像セキュリティ・本人確認ソリューションとして展開していくとしている。

以上、下記URLからの要約
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1705/10/news110.html

最新TOPICS

【IoT】IoT信頼感レポート---消費者の自家用車IoTに対する懸念、IoTデリバリーチェーン問題点の正確な把握が不可欠(2019年08月27日 10:03)

Dynatrace社が「IoT消費者信頼感報告:エンタープライズクラウド監視の課題」と題するレポートを発表し、消費者はIoTデバイスに対してさまざまな潜在的リスクを感じていることが分かった。 自家用車IoTに対する懸念 消費者の懸念の中で最も明白なのは自家用車であった。 調査対象者の中で85%が...

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

イベント情報

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

AzureAD/Microsoft365へのユーザー登録、権限設定を自動化する方法 ~ID管理クラウドサービス「Keyspider」とAzureAD/365とを連携する~

AWSにおける運用設計のポイント

ウィズコロナ時代のオンラインスクール運営に求められるシステムとは?(カスタマイズ性、コストなど) 〜各種スクール運営者向けDX〜

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter