国内物流ロボット事例 GROUND、ニトリへ物流ロボット80台納入

Analytics News(アナリティクスニュース)

国内物流ロボット事例 GROUND、ニトリへ物流ロボット80台納入

TOPICS 2017年6月13日 10:00

国内物流ロボット事例 GROUND、ニトリへ物流ロボット80台納入

クラウド型物流プラットフォームの提供を行うGROUND株式会社は、株式会社ニトリホールディングスの物流施設向けに、2017年秋までに約80台のロボットシステムを納入する。業務の効率化、省人化を図るのが目的で、アマゾンなど海外勢が先行する物流ロボット事例に次ぐ国内事例として注目を集める。

国内でも物流ロボット事例が活発化。

GROUNDは、物流施設とロボットや人工知能といったテクノロジーの融合を進めており、業務提携しているインドのロボットベンチャーの自動搬送ロボット、バトラーを活用したソリューションを提供している。バトラーは可搬式の棚の下に潜り込み、作業者のもとに棚ごと商品を届けるロボットで、システムの提案事例では商品の棚入れ・ピッキングの工程に50人前後を配する物流センターにおいて、バトラー導入後はおよそ10人強で導入前と同等の生産性が実現可能という試算が出ている。

また納入を決めたニトリでは、本件以外にも、Jakob Hatteland Computer社(ノルウェー)の倉庫型ロボットピッキングシステムを川崎市の施設に導入するなど、ロボットを活用した物流業務の効率化へ積極的に取り組んでいる。

物流ロボットの活用は、米アマゾン社など海外勢が先行していたが、ここにきて国内でも事例が増えつつある。アスクル株式会社では、物流施設内のピッキング作業にロボットを導入。高性能ロボットコントローラーを手がける株式会社MUJINと連携し、埼玉県の施設で実証を進めており、16年5月に稼働した横浜市の施設や、17年12月に稼働予定の大阪府吹田市の施設でもロボットの導入を進めていく。

以上、下記URLからの要約
http://www.toushin-1.jp/articles/-/3145

最新TOPICS

【IoT】IoT信頼感レポート---消費者の自家用車IoTに対する懸念、IoTデリバリーチェーン問題点の正確な把握が不可欠(2019年08月27日 10:03)

Dynatrace社が「IoT消費者信頼感報告:エンタープライズクラウド監視の課題」と題するレポートを発表し、消費者はIoTデバイスに対してさまざまな潜在的リスクを感じていることが分かった。 自家用車IoTに対する懸念 消費者の懸念の中で最も明白なのは自家用車であった。 調査対象者の中で85%が...

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

無料資料プレゼント

Function-As-AServiceプラットフォーム、主要プロバイダ9社とその状況

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

テレワーク環境から、VPNを使わず、社内システムにセキュアに接続する方法 ~社内システムを修正無しでSAML化しIDaaSと連携、VPNを使わないセキュアな接続~

ベトナムオフショア×アジャイル開発で実現する、超高速開発 ~マイクロソフトのローコード PowerAppsと、React×Laravelのコード自動生成~

AWSで12億ドキュメントをも管理可能、ペーパーレスで役立つ「Alfresco」のご紹介

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter