米Amazon、ディープラーニングを活用した対話型インターフェイスAmazon Lexを発表

Analytics News(アナリティクスニュース)

米Amazon、ディープラーニングを活用した対話型インターフェイスAmazon Lexを発表

TOPICS 2017年6月22日 10:00

米Amazon、ディープラーニングを活用した対話型インターフェイスAmazon Lexを発表

2017年5月に開催されたオープンソースユーザーのためのイベント「OSCON 2017 Conference」において、米Amazonが、音声やテキストを使用して対話型インターフェイスを構築するバーチャルアシスタントアプリケーションサービス、Amazon Lex を発表した。Amazon Lex は高度なディープラーニングを搭載し、リアルな会話を可能にする。

Amazon Alexa 搭載のディープラーニングで、より自然な対話を。

音声認識と自然言語理解は、最も解決が困難な課題といわれている。大量のデータとインフラストラクチャを使用して訓練された高度なディープラーニングアルゴリズムが必要となるためだ。

そのような課題を踏まえて開発されたAmazon Lex は、音声のテキスト変換に自動音声認識 (ASR: automatic speech recognition)、テキストの意図認識には自然言語理解 (NLU: natural language understanding)という高度なディープラーニングを搭載。

人工知能Amazon Alexa に採用されているディープラーニング技術と同じ技術を利用し、自然言語での高度な対話ボット (チャットボット) を短時間で簡単に構築できるようになり、ディープラーニングテクノロジーを簡単に使うことができるようになる。

本イベントでは、あわせてディープラーニング技術を用いて人間の声のように聞こえる音声を合成するAmazon AIサービス、Amazon Pollyも発表された。

以上、下記URLからの要約
https://www.infoq.com/jp/news/2017/05/amazon-lex-polly

最新TOPICS

【IoT】IoT信頼感レポート---消費者の自家用車IoTに対する懸念、IoTデリバリーチェーン問題点の正確な把握が不可欠(2019年08月27日 10:03)

Dynatrace社が「IoT消費者信頼感報告:エンタープライズクラウド監視の課題」と題するレポートを発表し、消費者はIoTデバイスに対してさまざまな潜在的リスクを感じていることが分かった。 自家用車IoTに対する懸念 消費者の懸念の中で最も明白なのは自家用車であった。 調査対象者の中で85%が...

最新CLOSEUPコラム

関連用語・タグ

無料資料プレゼント

ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

クラウド翻訳のリスク(学習データに機密情報が使われてしまう)

Amazon WorkSpaces で解決する、テレワークのセキュリティ問題 ~テレワーク手法の比較/VPN/RDS(リモートデスクトップ)/VDI(デスクトップ仮想化)~

マルチクラウドで高まる、暗号鍵漏洩の危険性

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter